脂漏性皮膚炎の症状と皮膚の痒み

脂漏性皮膚炎とは頭皮や顔の皮膚が以上に乾燥し、強い肌の痒みや肌のかさつき、フケを伴う非常にやっかいな症状です。

よく生まれて生後間もない乳児や皮膚張りやの弱くなりがちな高齢者に多発するケースが多いですが、乳児の場合は乳児脂漏性湿疹と言われており、たいていの子が発症するものです。
乳児の場合は成長過程の中で発症するため一過性であり比較的治癒も早いですが、成人になってから脂漏性皮膚炎が発症した場合は非常にやっかいで完治までにしばらくの期間を要すケースも珍しくないようです。

脂漏性皮膚炎の症状は、まず初めに皮膚の乾燥が現れ、次第に赤みを帯びてきます。
その後肌の痒みやフケの量が増えていきます。
おもに眉毛のあたりや鼻翼部、口のまわりといったところに発疹が出始め、空気が乾燥しがちな冬場に発症することが多いです。

脂漏性皮膚炎の一般的な治療法としてはやはり対処治療となります。
痒みを抑えるための薬や、抗真菌役、炎症を鎮めるために外用薬としてステロイドの処方がされることがほとんどです。
軽度の場合ならこれらの処方でだいたいの場合、快方に向かうようですが中には余計に症状が悪化する人もいます。

実際に脂漏性皮膚炎が発症して完治するまでの過程をブログで綴っているものもあり、とても参考になると思います。
こういった記事を読んでみると、抗菌をし過ぎるのも過剰な反応を起こす結果になる得ることや過剰な保湿や化粧品の使い過ぎが脂漏性皮膚炎を招く結果になったことがよくわかります。
美肌に良かれと思った行為が逆にこういった病気を招くケースがあるということですね。

過度に皮脂を落とし過ぎると肌は皮脂を補おうとして皮脂の分泌が過剰になり、脂漏性皮膚炎を起こしてしまいます。
なんでもやりすぎはよくなく、適度な洗顔、洗髪が大切になってきます。

また、自分の肌質にあった洗顔、洗髪剤を使うことも大切で、肌に少しでも異変を感じた時点で使用を中止し、早めに受診するなど早期対処を心がけ、脂漏性皮膚炎から肌を守っていきましょう。

パルモアーは、進行性指掌角皮症、脂漏性皮膚炎、湿疹、粃糠疹、日光皮膚炎、口唇炎、にきび、酒さ、 皮膚の栄養及び保護、肌あれ、口唇乾燥症、口唇き裂、その他の皮膚乾燥及び角化症などに効果を発揮する軟膏です。

翠水晶フェイシャルソープは、ニキビ・吹き出物・脂漏性皮膚炎・頭皮湿疹・油性肌に対して高濃度特許緑茶カテキンオイルが皮脂の雑菌を除去、皮脂バランスを整えます。

このページのトップへ
痒み(かゆみ)
かゆみ 〜かぶれ、あせも、とびひ〜
皮膚のかゆみ(痒み)について
皮膚のかゆみ(痒み)の原因
皮膚のかゆみ(痒み)と湿疹
痒み止めについて
かゆみ止めの飲み薬について
虫刺されと痒み止めについて
ダニによる痒み
アトピーのかゆみ止め(痒み止め)について
セマフォリンについて
頭皮のかゆみ(痒み)について
肛門のかゆみ(痒み)
肛門のかゆみ(痒み)の薬
陰部のかゆみ(痒み)
性病のかゆみ
カンジダについて
膣炎について
トリコモナスについて
楔前部(けつぜんぶ)と痒みの関係
接触皮膚炎について
原発性胆汁性肝硬変と皮膚のかゆみについて
コンジロームと痒みについて
肝硬変と皮膚の痒みについて
眼瞼結膜と痒みについて
皮膚掻痒症について
白癬症について
慢性腎不全と皮膚のかゆみについて
ヘルペスについて
骨盤腹膜炎について
閉塞性黄疸について
閉塞性動脈硬化症について
過換気症候群について
貨幣状皮膚炎について
薬物性肝障害について
脂漏性皮膚炎について
かぶれ
皮膚のかぶれについて
かぶれの治療について
かぶれの薬について
化粧かぶれについて
マンゴーによる、かぶれについて
オムツかぶれについて
毛虫による、かぶれについて
うるしによる、かぶれについて
ナプキンによるかぶれについて
あせも
あせもの薬について
あせも対策について
あせも治療について
あせもの原因について
赤ちゃんのあせも
新生児のあせも
乳児のあせも
あせも―大人の場合
あせもの写真
とびひ
とびひについて
とびひの治療について
とびひの症状について
とびひの写真
とびひの薬について
とびひ―大人の場合
虫刺され
虫刺されの薬について
虫刺されの症状について
虫刺されの写真
虫刺されによる腫れについて
虫刺されによる水ぶくれについて
赤ちゃんの虫刺されについて
ダニによる虫刺され
虫刺され(ダニ、ノミ)について
ブヨによる虫刺されについて
毛虫による虫刺されについて