薬物性肝障害の症状と皮膚の痒み

薬物性肝障害(やくぶつせいかんしょうがい)とはとは、文字通り薬の影響で肝臓に何らかの機能障害がおこる症状のことをいいます。

生命維持にとっても大切な肝臓は様々な働きをする臓器ですが、薬の代謝も実は肝臓で行われています。
多くの薬は化学薬品であり、化学変化が副作用として肝機能障害をもたらすと考えられています。

たとえばどういった薬が影響を与えるのかと言えば、抗がん剤や抗真菌薬、解熱炎症鎮痛薬、といったものですが、化学薬品とは何ら関係のないと思われがちな漢方薬品でもこの薬物性肝障害がおこることがあります。
また、一つの薬の服用では何も起こらなくても、一度に複数の薬を摂取することで薬物性肝障害を起こす場合もあると言われています。

副作用の出る場合として多いのが、摂取量が多すぎた場合などです。
市販の薬の場合は取扱説明書の説明を服用前にしっかり読む、薬剤師の支持に従う、処方箋の場合も医師の指示に従って的確な服用をすることが大切です。
守られた用法・用量を守っていればこういった副作用に見舞われる心配もあまりありません。

ただ、中には用法・用量を守っても症状が発症するケースもあります。
それは発疹や蕁麻疹、肌の痒みといった症状をが出る肝障害のケースです。
もともとアレルギー体質の方にこういった副作用が発症しやすいと言われています。
処方箋などでも処方前の事前アンケートで薬による副作用はないか、アレルギーの有無などを問われると思いますので、きちっと自身がもつ疾患については伝えるようにしましょう。
アレルギー症状はひどい場合はショック死するなど死に至るケースもある重篤な症状ですので、簡単に考えるようなことはせず、肌の痒みなどの症状がではじめたらすみやかに受診するようにしましょう。

あとは免疫力の低下によるもので長期間の服用により機能障害を起こすといったケースです。

いずれにせよ、早期発見、対応が大切となり肌の痒み以外にも発熱、黄疸、倦怠感、吐き気などの症状がではじめたらすぐに服用を中止し、医師の診断をうけることが大切です。

このページのトップへ
痒み(かゆみ)
かゆみ 〜かぶれ、あせも、とびひ〜
皮膚のかゆみ(痒み)について
皮膚のかゆみ(痒み)の原因
皮膚のかゆみ(痒み)と湿疹
痒み止めについて
かゆみ止めの飲み薬について
虫刺されと痒み止めについて
ダニによる痒み
アトピーのかゆみ止め(痒み止め)について
セマフォリンについて
頭皮のかゆみ(痒み)について
肛門のかゆみ(痒み)
肛門のかゆみ(痒み)の薬
陰部のかゆみ(痒み)
性病のかゆみ
カンジダについて
膣炎について
トリコモナスについて
楔前部(けつぜんぶ)と痒みの関係
接触皮膚炎について
原発性胆汁性肝硬変と皮膚のかゆみについて
コンジロームと痒みについて
肝硬変と皮膚の痒みについて
眼瞼結膜と痒みについて
皮膚掻痒症について
白癬症について
慢性腎不全と皮膚のかゆみについて
ヘルペスについて
骨盤腹膜炎について
閉塞性黄疸について
閉塞性動脈硬化症について
過換気症候群について
貨幣状皮膚炎について
薬物性肝障害について
脂漏性皮膚炎について
かぶれ
皮膚のかぶれについて
かぶれの治療について
かぶれの薬について
化粧かぶれについて
マンゴーによる、かぶれについて
オムツかぶれについて
毛虫による、かぶれについて
うるしによる、かぶれについて
ナプキンによるかぶれについて
あせも
あせもの薬について
あせも対策について
あせも治療について
あせもの原因について
赤ちゃんのあせも
新生児のあせも
乳児のあせも
あせも―大人の場合
あせもの写真
とびひ
とびひについて
とびひの治療について
とびひの症状について
とびひの写真
とびひの薬について
とびひ―大人の場合
虫刺され
虫刺されの薬について
虫刺されの症状について
虫刺されの写真
虫刺されによる腫れについて
虫刺されによる水ぶくれについて
赤ちゃんの虫刺されについて
ダニによる虫刺され
虫刺され(ダニ、ノミ)について
ブヨによる虫刺されについて
毛虫による虫刺されについて