過換気症候群の症状

過換気症候群というと聞きなれないかもしれませんが、これは別名過呼吸症候群といわれているものです。

過換気症候群は発作的に突然と呼吸が早くなり、動機や手足のしびれ、硬直などの症状があらわれます。
アレルギー症状の一種として過換気症候群を発症するケースもあり、痒みを伴う場合もあります。

また、それとともに、指がまっすぐに硬直したり痙攣したようになるテタニーという症状がみられる場合もあります。

パニック障害の慢性型の症状の一種でもあり、精神疾患との関連性が高いと言われています。

過換気症候群の原因

過換気症候群は以前、オードリーの若林さんがこの症状に見舞われていましたよね。

過換気症候群を引きおこす原因は、やはり不安やストレスといった精神的障害が引き金となり、呼吸中枢が刺激され、過呼吸の症状が出ると言います。
過呼吸になると血中の二酸化炭素が減少し、呼吸が乱れ苦しくなってきます。

過換気症候群は心理的要因で起こる以外にも、違う病気が要因となることもあり、病気のサインとしてあらわれることもあるようです。

過換気症候群の対処法

過換気症候群の対処法の一つとしてペーパーバッグ再呼吸法というものがあります。

この方法は紙袋を口にあてがい呼吸をさせるという一般的な応急処置として広く知られている方法ですが、あくまでも応急処置の一環であり、この対処法で過換気症候群が完治することはありません。
あくまでも症状を和らげるためのものです。

また皆にこの対処法が適用するわけでもなく、単純な過換気症候群ではない場合において、この方法は危険であり、中には死亡例も存在します。

過換気症候群の薬

過換気症候群はパニック障害との合併が50%と言われており、落ち着いて対処すれば短時間で症状が治まるものですが、抗不安薬などの薬物療法で発作を鎮めることもあります。

過換気症候群の一番の治療薬はなんといっても原因である不安を取り除き、精神を安定させることです。

とくに子供への薬物の使用は、とくに成長期の場合は精神発達にも影響を及ぼすこともあり、使用はおすすめできません。

下記の本では、呼吸器系心身症としてよく知られている気管支喘息、過換気症候群、慢性閉塞性肺疾患、慢性呼吸不全等をとりあげ、症例や具体的な治療法についてわかりやすく解説しています。

このページのトップへ
痒み(かゆみ)
かゆみ 〜かぶれ、あせも、とびひ〜
皮膚のかゆみ(痒み)について
皮膚のかゆみ(痒み)の原因
皮膚のかゆみ(痒み)と湿疹
痒み止めについて
かゆみ止めの飲み薬について
虫刺されと痒み止めについて
ダニによる痒み
アトピーのかゆみ止め(痒み止め)について
セマフォリンについて
頭皮のかゆみ(痒み)について
肛門のかゆみ(痒み)
肛門のかゆみ(痒み)の薬
陰部のかゆみ(痒み)
性病のかゆみ
カンジダについて
膣炎について
トリコモナスについて
楔前部(けつぜんぶ)と痒みの関係
接触皮膚炎について
原発性胆汁性肝硬変と皮膚のかゆみについて
コンジロームと痒みについて
肝硬変と皮膚の痒みについて
眼瞼結膜と痒みについて
皮膚掻痒症について
白癬症について
慢性腎不全と皮膚のかゆみについて
ヘルペスについて
骨盤腹膜炎について
閉塞性黄疸について
閉塞性動脈硬化症について
過換気症候群について
貨幣状皮膚炎について
薬物性肝障害について
脂漏性皮膚炎について
かぶれ
皮膚のかぶれについて
かぶれの治療について
かぶれの薬について
化粧かぶれについて
マンゴーによる、かぶれについて
オムツかぶれについて
毛虫による、かぶれについて
うるしによる、かぶれについて
ナプキンによるかぶれについて
あせも
あせもの薬について
あせも対策について
あせも治療について
あせもの原因について
赤ちゃんのあせも
新生児のあせも
乳児のあせも
あせも―大人の場合
あせもの写真
とびひ
とびひについて
とびひの治療について
とびひの症状について
とびひの写真
とびひの薬について
とびひ―大人の場合
虫刺され
虫刺されの薬について
虫刺されの症状について
虫刺されの写真
虫刺されによる腫れについて
虫刺されによる水ぶくれについて
赤ちゃんの虫刺されについて
ダニによる虫刺され
虫刺され(ダニ、ノミ)について
ブヨによる虫刺されについて
毛虫による虫刺されについて