閉塞性動脈硬化症(へいそくせいどうみゃくこうかしょう)の症状(痒みなど)

閉塞性動脈硬化症とは足の血管に血が通いにくくなるといった症状で、高血圧や喫煙、糖尿病などが原因となって発症すると言われています。
最近はメタボリック症候群とも密接な関係があるとも言われています。

初期症状としては足の冷えやしびれ感、こむら返り、けいれんなどがおこります。
その他、糖尿病としての症状の一つにもありますが、痒みを伴う場合もあります。

閉塞性動脈硬化症の原因

閉塞性動脈硬化症の原因は実ははっきりとは解明されていないようです。
しかし、発症患者の傾向として高血圧の人や、糖尿病患者に多いと言われています。

閉塞性動脈硬化症は足の血管の動脈硬化が原因で血管が細くなり、血流が悪くなることでおこります。
足の血流がわるくなることで、痛みや寒さを感じるようになり、悪化すれば怪我が治りにくくなったり、最悪の場合皮膚が壊死することもあるようです。

動脈硬化は足だけに限らず全身の動脈どこにでも起こりうる病気です。
そのため合併症として脳血管障害や虚血性心疾患といった重篤な合併症を引き起こす危険もあるようです。

閉塞性動脈硬化症のリハビリ

閉塞性動脈硬化症は放っておくと悪化する怖い病気ですが、早期発見により軽度な状態であれば日々のリハビリによって改善が期待できると言われています。

ではどういったリハビリが効果的なのか。
まず初期症状として起こる手足の冷えやしびれを改善さえるために保温に気を付けることが大切です。
室内も25度を目安に安定した温度を保った環境での生活が望ましいです。

食事面でも塩分に気をつけ、脂肪分やコレステロールは極力控えるなどしましょう。
あと日々のウォーキングなど軽い運動を取り入れることで血行促進につながり、閉塞性動脈硬化症の改善効果が期待できるといいます。

閉塞性動脈硬化症の手術

閉塞性動脈硬化症になった場合の治療としてよく行われているのがカテーテル治療です。
最近では医学の進歩によりこれまで困難とされていた足首から先の血管までカテーテル治療が可能になりました。

その他、バイパス手術や血管再生療法などが行われています。
閉塞性動脈硬化症は自覚症状をあまり感じないまま進行することもあります。

また、この病気は放置していても治るものではなく、悪化する一方で死に至る危険もある怖い病気です。
早期発見のためにもちょっとした初期症状を見逃さない、定期的な健診を受けるなどしていきましょう。

下記の本では、黄疸について、症状や治療法について詳しく解説しています。

このページのトップへ
痒み(かゆみ)
かゆみ 〜かぶれ、あせも、とびひ〜
皮膚のかゆみ(痒み)について
皮膚のかゆみ(痒み)の原因
皮膚のかゆみ(痒み)と湿疹
痒み止めについて
かゆみ止めの飲み薬について
虫刺されと痒み止めについて
ダニによる痒み
アトピーのかゆみ止め(痒み止め)について
セマフォリンについて
頭皮のかゆみ(痒み)について
肛門のかゆみ(痒み)
肛門のかゆみ(痒み)の薬
陰部のかゆみ(痒み)
性病のかゆみ
カンジダについて
膣炎について
トリコモナスについて
楔前部(けつぜんぶ)と痒みの関係
接触皮膚炎について
原発性胆汁性肝硬変と皮膚のかゆみについて
コンジロームと痒みについて
肝硬変と皮膚の痒みについて
眼瞼結膜と痒みについて
皮膚掻痒症について
白癬症について
慢性腎不全と皮膚のかゆみについて
ヘルペスについて
骨盤腹膜炎について
閉塞性黄疸について
閉塞性動脈硬化症について
過換気症候群について
貨幣状皮膚炎について
薬物性肝障害について
脂漏性皮膚炎について
かぶれ
皮膚のかぶれについて
かぶれの治療について
かぶれの薬について
化粧かぶれについて
マンゴーによる、かぶれについて
オムツかぶれについて
毛虫による、かぶれについて
うるしによる、かぶれについて
ナプキンによるかぶれについて
あせも
あせもの薬について
あせも対策について
あせも治療について
あせもの原因について
赤ちゃんのあせも
新生児のあせも
乳児のあせも
あせも―大人の場合
あせもの写真
とびひ
とびひについて
とびひの治療について
とびひの症状について
とびひの写真
とびひの薬について
とびひ―大人の場合
虫刺され
虫刺されの薬について
虫刺されの症状について
虫刺されの写真
虫刺されによる腫れについて
虫刺されによる水ぶくれについて
赤ちゃんの虫刺されについて
ダニによる虫刺され
虫刺され(ダニ、ノミ)について
ブヨによる虫刺されについて
毛虫による虫刺されについて