慢性腎不全と皮膚のかゆみについて

慢性腎不全とはその名の通り慢性に生じる腎不全のことです。
長期にわたってだんだんを腎臓の機能が低下していき、腎機能障害、腎不全、尿毒症が発症してきます。

腎不全は症状が軽い間はこれといった症状が現れないため腎不全に気付かないまま病気が進行してしまうケースが多いです。

腎臓は正常時の1/5以下に働きが低下してくると体に異変が現れ症状として出始めます。
症状として現れるのは夜間の頻尿、下肢や目の周りの浮腫み、疲労感、食欲不振、貧血、息切れ、口臭、高血圧など様々な症状が出てきます。
なかでも特徴的なのが皮膚の痒みとも言われています。

子供が慢性腎不全にかかってしまった場合、身長が伸びなくなってしまうそうですが、子供の腎盂全の原因は大部分が先天性の発育障害だそうです。

慢性腎不全はいきなりなるものではなく、慢性腎炎→糖尿病性腎症→腎硬化症→嚢胞腎といった経過を経て慢性化していきます。

近年は糖尿病からくる腎症が増加傾向にあります。

慢性腎不全は一度かかってしまうと治癒が非常に困難なとてもやっかいな病気です。
現在のところ慢性腎不全を治す薬や治療法はまだありません。
そのためにも病気にならないための予防が大切になってきます。

腎不全になってしまった場合の治療法は食事と薬物療法が中心となります。
食事は高カロリーなものをとり、たんぱくは制限されます。

薬は決して腎不全を治すものではなく症状を和らげる、改善させるためのものです。
慢性腎不全として現れている症状に対し処方されます。
例えば高血圧ならば降圧薬といったように適切な薬が投与されます。

また腎不全が末期まで進行してしまった場合は生命を維持させるため、人工透析療法が必要になります。

早期発見が悪化を防ぐ最善の方法です。
腎不全や糖尿病の症状として現れることが多いのは体の痒みや倦怠感です。
虫刺されや肌の乾燥などの原因がなく、体に痒みを生じるなどの症状がではじめた場合は腎不全や糖尿病を疑って早めに検査を受けるようにしましょう。

「テルモ ウリエースBT」は、進行すると慢性腎不全にいたる糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病を早期に発見するために、尿糖と尿たん白を検出する試験紙です。

このページのトップへ
痒み(かゆみ)
かゆみ 〜かぶれ、あせも、とびひ〜
皮膚のかゆみ(痒み)について
皮膚のかゆみ(痒み)の原因
皮膚のかゆみ(痒み)と湿疹
痒み止めについて
かゆみ止めの飲み薬について
虫刺されと痒み止めについて
ダニによる痒み
アトピーのかゆみ止め(痒み止め)について
セマフォリンについて
頭皮のかゆみ(痒み)について
肛門のかゆみ(痒み)
肛門のかゆみ(痒み)の薬
陰部のかゆみ(痒み)
性病のかゆみ
カンジダについて
膣炎について
トリコモナスについて
楔前部(けつぜんぶ)と痒みの関係
接触皮膚炎について
原発性胆汁性肝硬変と皮膚のかゆみについて
コンジロームと痒みについて
肝硬変と皮膚の痒みについて
眼瞼結膜と痒みについて
皮膚掻痒症について
白癬症について
慢性腎不全と皮膚のかゆみについて
ヘルペスについて
骨盤腹膜炎について
閉塞性黄疸について
閉塞性動脈硬化症について
過換気症候群について
貨幣状皮膚炎について
薬物性肝障害について
脂漏性皮膚炎について
かぶれ
皮膚のかぶれについて
かぶれの治療について
かぶれの薬について
化粧かぶれについて
マンゴーによる、かぶれについて
オムツかぶれについて
毛虫による、かぶれについて
うるしによる、かぶれについて
ナプキンによるかぶれについて
あせも
あせもの薬について
あせも対策について
あせも治療について
あせもの原因について
赤ちゃんのあせも
新生児のあせも
乳児のあせも
あせも―大人の場合
あせもの写真
とびひ
とびひについて
とびひの治療について
とびひの症状について
とびひの写真
とびひの薬について
とびひ―大人の場合
虫刺され
虫刺されの薬について
虫刺されの症状について
虫刺されの写真
虫刺されによる腫れについて
虫刺されによる水ぶくれについて
赤ちゃんの虫刺されについて
ダニによる虫刺され
虫刺され(ダニ、ノミ)について
ブヨによる虫刺されについて
毛虫による虫刺されについて