皮膚掻痒症(ひふそうようしょう)とは

皮膚掻痒症には、全身に痒みを生じる症状と、頭部や陰部などの局所的に症状が発症するケースとがあります。

また、歳をとり、老化現象の一つとして皮膚掻痒症が発症する場合もありますし、妊娠中に皮膚掻痒症の症状を訴える人も多いです。

皮膚掻痒症は発疹や湿疹、じんましんといった目に見えてわかるような皮膚表面の症状が現れず、見た目には何もないの強い痒みが生じるといった病気です。
あまり掻き毟ると症状は悪化し、痒い部分が広がってしまいます。

皮膚掻痒症の治療について

皮膚掻痒症の治療はまず第一に肌の乾燥を防ぎ、しっかりと保湿してあげることが大切です。
尿素を含んだ軟膏やワセリンなどを使用してしっかりと皮膚の保湿を行っていきましょう。

掻き毟ったことで傷が出来てしまった場合は、ステロイドなどの外用薬を用いて傷口の治療を行います。

症状によっては抗ヒスタミンという痒みを抑えるための内服薬が処方されることもあります。
痒みが強くなり、傷を作ってしまうまえに、適切な処置を受けることをおすすめします。

皮膚掻痒症のための市販薬

たびたび皮膚掻痒症になってしまうという人は、その都度病院に行くのではなく、軽度の場合は市販薬の薬で治療する人も多いと思います。
最近は市販薬でも効き目の高い高性能の薬が数多く販売されています。

また、病院の先生に相談したり、薬剤師に相談して適切な薬を買うといいでしょう。
市販薬は処方箋に比べて一般的に効き目は緩やかだと思いますが、その分多少長めの期間であっても安心して使えるものも沢山あります。

ステロイドが入った市販薬については用法用量をよく守り、購入前に薬剤師さんに適切な指導を受けるようにしましょう。

皮膚掻痒症を漢方で治す

皮膚掻痒症の治療としておすすめなのが漢方です。
漢方薬は即効性こそありませんが、体の内側から体質改善を行い、根本から治療することが出来るとも言われています。

漢方を使って内側から肌の老化を遅らせて乾燥を防ぎ、皮膚掻痒症の症状を和らげていきます。
漢方は薬にありがちな抗体を作ることもありませんので、安心して服用できる薬です。

少しずつ、体質改善していき気付いたころには皮膚掻痒症の症状が治まっているといった感じでしょうか。
実際漢方で皮膚掻痒症が治ったという事例もあるようなので、薬が効きにくいという方に是非試して欲しい治療法です。

このページのトップへ
痒み(かゆみ)
かゆみ 〜かぶれ、あせも、とびひ〜
皮膚のかゆみ(痒み)について
皮膚のかゆみ(痒み)の原因
皮膚のかゆみ(痒み)と湿疹
痒み止めについて
かゆみ止めの飲み薬について
虫刺されと痒み止めについて
ダニによる痒み
アトピーのかゆみ止め(痒み止め)について
セマフォリンについて
頭皮のかゆみ(痒み)について
肛門のかゆみ(痒み)
肛門のかゆみ(痒み)の薬
陰部のかゆみ(痒み)
性病のかゆみ
カンジダについて
膣炎について
トリコモナスについて
楔前部(けつぜんぶ)と痒みの関係
接触皮膚炎について
原発性胆汁性肝硬変と皮膚のかゆみについて
コンジロームと痒みについて
肝硬変と皮膚の痒みについて
眼瞼結膜と痒みについて
皮膚掻痒症について
白癬症について
慢性腎不全と皮膚のかゆみについて
ヘルペスについて
骨盤腹膜炎について
閉塞性黄疸について
閉塞性動脈硬化症について
過換気症候群について
貨幣状皮膚炎について
薬物性肝障害について
脂漏性皮膚炎について
かぶれ
皮膚のかぶれについて
かぶれの治療について
かぶれの薬について
化粧かぶれについて
マンゴーによる、かぶれについて
オムツかぶれについて
毛虫による、かぶれについて
うるしによる、かぶれについて
ナプキンによるかぶれについて
あせも
あせもの薬について
あせも対策について
あせも治療について
あせもの原因について
赤ちゃんのあせも
新生児のあせも
乳児のあせも
あせも―大人の場合
あせもの写真
とびひ
とびひについて
とびひの治療について
とびひの症状について
とびひの写真
とびひの薬について
とびひ―大人の場合
虫刺され
虫刺されの薬について
虫刺されの症状について
虫刺されの写真
虫刺されによる腫れについて
虫刺されによる水ぶくれについて
赤ちゃんの虫刺されについて
ダニによる虫刺され
虫刺され(ダニ、ノミ)について
ブヨによる虫刺されについて
毛虫による虫刺されについて