眼瞼結膜と痒みについて

眼瞼結膜とはまぶたの裏側を覆う結膜のことで、結膜はこのほかに白眼の部分の眼球結膜からなります。

眼瞼結膜と眼球結膜は結膜円蓋で繋がっています。
通常目は皮膚のように覆われるものがないため、直接外界と接触している状態です。
そのため、埃や異物などの外部からの様々な刺激にさらされているといいます。

眼球はこういった刺激から目を守るために、涙液でいつも潤った状態を保っているそうです。 涙液は角膜表面に均等に広がり、眼球の乾燥も防いでくれています。

通常、細菌の繁殖もこの涙液が抑える働きをしているのですが、体力の低下や抵抗力が低下した際にウィスル感染を起こし、結膜炎などの炎症を起こすことがあります。
皆さんも一度は経験したことがあるであろう、結膜炎は代表的な目の病気ですね。
結膜炎は強い痒みを伴い非常に不快です。
また、痒みのほかにも結膜の充血、目やに、結膜の浮腫、酷い場合は眼痛を訴えることもあるほどです。

ウイルス性の結膜炎の場合は、耳付近にあるリンパが炎症を起こし、腫れる場合もあります。
結膜炎には急性のものと慢性のものとがあり、急性の場合は目薬などの処置で快方に向かいます。
慢性の場合は、涙液の分泌低下によるドライアイやアレルギーが原因の場合が多く、治癒までに長引くのが特徴です。

また、眼瞼結膜上皮下にリンパが貯留して小さなプツプツが症状として現れることもあります。
結膜炎の中でも細菌性(ウイルス性)の結膜炎の場合、人へ感染するため注意が必要です。

結膜炎はとても痒みが強く、症状が出ている間は集中力が低下します。
目は毎日使うもので、その目にやっかいな症状がでているのだから尚更ですよね。
だからといって目を擦ると症状は悪化し、なかなか治癒しません。

病院では痒みや炎症を抑える、ステロイドが入った目薬を処方されることもあります。
ステロイド入りの目薬は強い症状の場合処方されるようですが、効き目は高いです。
それゆえ、長期の使用は危険であり、医師の指示のものと正しく使う必要があります。

ソフトサンティアは、涙を補い、目の乾燥を防ぐお薬です。涙の成分に近い、人工涙液です。
涙が足りない場合、人工涙液で補うようにします。目の表面が潤い、乾き目(ドライアイ)にともなう不快な症状もやわらぎます。
コンタクトレンズの装着時にも用います。

このページのトップへ
痒み(かゆみ)
かゆみ 〜かぶれ、あせも、とびひ〜
皮膚のかゆみ(痒み)について
皮膚のかゆみ(痒み)の原因
皮膚のかゆみ(痒み)と湿疹
痒み止めについて
かゆみ止めの飲み薬について
虫刺されと痒み止めについて
ダニによる痒み
アトピーのかゆみ止め(痒み止め)について
セマフォリンについて
頭皮のかゆみ(痒み)について
肛門のかゆみ(痒み)
肛門のかゆみ(痒み)の薬
陰部のかゆみ(痒み)
性病のかゆみ
カンジダについて
膣炎について
トリコモナスについて
楔前部(けつぜんぶ)と痒みの関係
接触皮膚炎について
原発性胆汁性肝硬変と皮膚のかゆみについて
コンジロームと痒みについて
肝硬変と皮膚の痒みについて
眼瞼結膜と痒みについて
皮膚掻痒症について
白癬症について
慢性腎不全と皮膚のかゆみについて
ヘルペスについて
骨盤腹膜炎について
閉塞性黄疸について
閉塞性動脈硬化症について
過換気症候群について
貨幣状皮膚炎について
薬物性肝障害について
脂漏性皮膚炎について
かぶれ
皮膚のかぶれについて
かぶれの治療について
かぶれの薬について
化粧かぶれについて
マンゴーによる、かぶれについて
オムツかぶれについて
毛虫による、かぶれについて
うるしによる、かぶれについて
ナプキンによるかぶれについて
あせも
あせもの薬について
あせも対策について
あせも治療について
あせもの原因について
赤ちゃんのあせも
新生児のあせも
乳児のあせも
あせも―大人の場合
あせもの写真
とびひ
とびひについて
とびひの治療について
とびひの症状について
とびひの写真
とびひの薬について
とびひ―大人の場合
虫刺され
虫刺されの薬について
虫刺されの症状について
虫刺されの写真
虫刺されによる腫れについて
虫刺されによる水ぶくれについて
赤ちゃんの虫刺されについて
ダニによる虫刺され
虫刺され(ダニ、ノミ)について
ブヨによる虫刺されについて
毛虫による虫刺されについて