肝硬変と皮膚のかゆみについて

肝硬変は肝臓疾患の一つであり、肝障害が慢性化することで進行していきます。
進行すれば、肝細胞が死滅・減少し、肝臓が硬く変化していきます。

肝硬変になる原因として多いのが、B型肝炎、C型肝炎ウィルスによるウィスル性の肝硬変だと言われていますが、そのほか、アルコールが原因で肝硬変になる人もいます。
この中でも特にC型肝炎ウィルスによる肝硬変は全体の半数以上の割合を占めるといいます。

肝硬変は進行すると肝臓癌に変化してしまう怖い病気です。

肝硬変の症状は、軽度の場合は食欲不振や疲労感、体重減少などの症状を訴えるそうですが、肝硬変の典型的な初期症状に皮膚のかゆみがあげられます。
蕁麻疹などの発疹もでないで、ただ皮膚の痒みが生じると言われています。
この痒みは病気の進行とともに体内に有害物質がたまり、かゆみを引き起こすそうです。

皮膚のかゆみのほかにも黄疸が出たり、腹部が張ったりと、徐々に様々な症状を引き起こしていきます。
皮膚のかゆみにも個人差があり、つよいかゆみで睡眠に障害をきたす人もいれば、そうでない人もいます。

肝硬変の初期症状による皮膚のかゆみは、腕や足といった一部分に発症するものではなく、全身にかゆみを感じるそうです。
倦怠感や食欲不振、吐き気、黄疸、発疹のない全身の皮膚のかゆみなどの症状があらわれたら、すぐに肝硬変を疑って検査を受けてみましょう。

肝硬変は自分で制御できない、自然治癒しない病気です。
ただ急激な進行もなく徐々に徐々に、だんだんと悪化していくものなので、最初は肝硬変に気付かないで、気付いたときには進行している状態だったなんてこともよくある話です。

早期発見、早期治療のためにも日頃から自分の体の健康管理はきちんと行いましょう。
最低でも年に1度の健康診断は必要です。

肝硬変は悪化すると癌化するまえでも死に至ることもある怖い病気です。
肝臓は物言わぬ臓器とも言われており、悪化するまで症状に気付かないことが多いです。

しかも肝硬変に一度なってしまうと完治できる病気ではありません。
ならないように予防することが大切ですが、万が一肝硬変にかかってしまった場合は、それ以上の悪化、進行を防ぐよう早期に治療を受けるようにしましょう。

黄色と黒の強力グットA錠は、肝細胞再生・解毒作用を促進するオロチン酸(オロト酸)配合、肝機能を促進するメチオニン配合、炎症を鎮め、胆汁分泌を促進し、解毒作用を有するゴオウ、肝細胞を刺激して肝臓の働きを活発にするウコン、代謝を助け、肝細胞の働きをサポートするビタミン群を配合しています。

このページのトップへ
痒み(かゆみ)
かゆみ 〜かぶれ、あせも、とびひ〜
皮膚のかゆみ(痒み)について
皮膚のかゆみ(痒み)の原因
皮膚のかゆみ(痒み)と湿疹
痒み止めについて
かゆみ止めの飲み薬について
虫刺されと痒み止めについて
ダニによる痒み
アトピーのかゆみ止め(痒み止め)について
セマフォリンについて
頭皮のかゆみ(痒み)について
肛門のかゆみ(痒み)
肛門のかゆみ(痒み)の薬
陰部のかゆみ(痒み)
性病のかゆみ
カンジダについて
膣炎について
トリコモナスについて
楔前部(けつぜんぶ)と痒みの関係
接触皮膚炎について
原発性胆汁性肝硬変と皮膚のかゆみについて
コンジロームと痒みについて
肝硬変と皮膚の痒みについて
眼瞼結膜と痒みについて
皮膚掻痒症について
白癬症について
慢性腎不全と皮膚のかゆみについて
ヘルペスについて
骨盤腹膜炎について
閉塞性黄疸について
閉塞性動脈硬化症について
過換気症候群について
貨幣状皮膚炎について
薬物性肝障害について
脂漏性皮膚炎について
かぶれ
皮膚のかぶれについて
かぶれの治療について
かぶれの薬について
化粧かぶれについて
マンゴーによる、かぶれについて
オムツかぶれについて
毛虫による、かぶれについて
うるしによる、かぶれについて
ナプキンによるかぶれについて
あせも
あせもの薬について
あせも対策について
あせも治療について
あせもの原因について
赤ちゃんのあせも
新生児のあせも
乳児のあせも
あせも―大人の場合
あせもの写真
とびひ
とびひについて
とびひの治療について
とびひの症状について
とびひの写真
とびひの薬について
とびひ―大人の場合
虫刺され
虫刺されの薬について
虫刺されの症状について
虫刺されの写真
虫刺されによる腫れについて
虫刺されによる水ぶくれについて
赤ちゃんの虫刺されについて
ダニによる虫刺され
虫刺され(ダニ、ノミ)について
ブヨによる虫刺されについて
毛虫による虫刺されについて