コンジローム(尖圭コンジローム)と痒みについて

コンジロームとは性器周辺に発症するイボで、白や赤、黒っぽい色をしています。
尖圭コンジロームは自覚症状が殆どなく感染していることに気付き難いと言われています。
症状としては痒みや痛みを感じる人もいます。
頬っておくとイボが増えて大きくなってくるため、この時点でコンジロームに気付く人が多いです。

コンジロームの原因

コンジロームの原因は性行為によってヒト乳頭腫ウィルスの感染することだと言われています。
ヒト乳頭腫ウイルスには6型や11型などがあり、これらの型は皮膚にイボを作るタイプの物と言われています。
このほかにもコンジロームのウイルスは100種類以上のタイプがあり、中には発ガンリスクの高い危険なウイルスも存在します。

コンジロームの潜伏期間

コンジロームの潜伏期間は人によっても違いますが、短くて3週間、長い場合だと8ヶ月間ぐらいの潜伏期間があると言われています。
平均してだいたいイボの発症までに2,3ヵ月のようですが、潜伏期間中は無症状のことが多く、感染に気付かないで性交渉を行い、他の人へ感染させてしまうケースが多いです。

女性がコンジロームに感染する場合

女性がコンジロームに感染してしまった場合、早期に治療することが大切です。
女性の場合は、子宮頸がんの原因となるタイプのヒト乳頭腫ウイルスに同時感染している恐れがあるからです。
また、妊娠中に感染すると産まれてくる胎児にイボが出来てしまうというケースもあるそうです。
コンジロームは潜伏期間が長いため感染に気付かない人も多いので、妊娠の予定がある人は事前に性病の検査等を受けることが望ましいです。

コンジロームの薬

コンジロームは薬を使うことで比較的簡単に治すことができます。
早ければ早いほど治りが早く、重症化してからだと完治までに時間がかかってしまいます。
コンジロームの薬には抗ウイルス剤や、免疫力の向上を促す成分が含まれており、新しいイボの繁殖を防ぎ、コンジロームを治していきます。

コンジロームは自然治癒する?

コンジロームはまれに発症しても軽度ですみ、その後自然治癒するというケースも中にはあります。
それは個人がもっている免疫力がコンジロームに勝ったということです。
ですが一旦は症状が治まっても数ヵ月後に再発するリスクが高いため、他の人への二次感染を防ぐためにも治療を受けることがのぞましいです。

以下の本では、性感染症を専門としない臨床医に向けて、梅毒、HIV感染症、性器ヘルペス、尖圭コンジローム、淋病などについてQ&A形式でわかりやく解説しています。

このページのトップへ
痒み(かゆみ)
かゆみ 〜かぶれ、あせも、とびひ〜
皮膚のかゆみ(痒み)について
皮膚のかゆみ(痒み)の原因
皮膚のかゆみ(痒み)と湿疹
痒み止めについて
かゆみ止めの飲み薬について
虫刺されと痒み止めについて
ダニによる痒み
アトピーのかゆみ止め(痒み止め)について
セマフォリンについて
頭皮のかゆみ(痒み)について
肛門のかゆみ(痒み)
肛門のかゆみ(痒み)の薬
陰部のかゆみ(痒み)
性病のかゆみ
カンジダについて
膣炎について
トリコモナスについて
楔前部(けつぜんぶ)と痒みの関係
接触皮膚炎について
原発性胆汁性肝硬変と皮膚のかゆみについて
コンジロームと痒みについて
肝硬変と皮膚の痒みについて
眼瞼結膜と痒みについて
皮膚掻痒症について
白癬症について
慢性腎不全と皮膚のかゆみについて
ヘルペスについて
骨盤腹膜炎について
閉塞性黄疸について
閉塞性動脈硬化症について
過換気症候群について
貨幣状皮膚炎について
薬物性肝障害について
脂漏性皮膚炎について
かぶれ
皮膚のかぶれについて
かぶれの治療について
かぶれの薬について
化粧かぶれについて
マンゴーによる、かぶれについて
オムツかぶれについて
毛虫による、かぶれについて
うるしによる、かぶれについて
ナプキンによるかぶれについて
あせも
あせもの薬について
あせも対策について
あせも治療について
あせもの原因について
赤ちゃんのあせも
新生児のあせも
乳児のあせも
あせも―大人の場合
あせもの写真
とびひ
とびひについて
とびひの治療について
とびひの症状について
とびひの写真
とびひの薬について
とびひ―大人の場合
虫刺され
虫刺されの薬について
虫刺されの症状について
虫刺されの写真
虫刺されによる腫れについて
虫刺されによる水ぶくれについて
赤ちゃんの虫刺されについて
ダニによる虫刺され
虫刺され(ダニ、ノミ)について
ブヨによる虫刺されについて
毛虫による虫刺されについて