接触皮膚炎(接触性皮膚炎)の症状

接触皮膚炎はアトピー性皮膚炎と間違われやすい病気ですが似て異なるものです。
接触性皮膚炎の症状は皮膚が金属やウルシなどの植物等に接触した場合に、接触した部分に赤い湿疹や水泡、丘疹が生じるものです。
また、接触皮膚炎の場合は、原因を取り除くことですぐに治るのが特徴です。

光接触皮膚炎について

光接触皮膚炎とは皮膚に原因となる物質がついたところに、光が当ることで反応を起こす皮膚炎です。
光接触性皮膚炎には光抗原特異的な免疫反応によって起こる光アレルギー性接触皮膚炎、紫外線があたることで活性酸素が発生し症状を起こす光毒性接触皮膚炎の2つのタイプがあるといいます。

接触皮膚炎の治療法

接触皮膚炎の治療としては、まず皮膚炎の原因となる物質を排除することが先決です。
その後、患部をまず清潔にし、抗ヒスタミンやステロイドなど炎症を抑える薬を使って治療を行います。
軽度の場合は薬を使わなくても自然に治癒していきますが、重度の場合は皮膚科で治療受ける必要があります。
重症化させないことが大切です。

接触皮膚炎の薬

接触皮膚炎になってしまった場合、まず悪化を抑えるために抗ヒスタミン内服薬や、発疹を抑えるための薬を用いて治していきます。
接触皮膚炎を起こした原因を突き止めることが大切で、物理的に外的刺激から皮膚を守ること早く治す上でも大切であり、再発防止にも繋がります。

ホノミ漢方のワグラスD錠は、接触皮膚炎を含む皮膚トラブルを体の内側から改善を目指す錠剤です。

接触皮膚炎のガイドラインについて

接触皮膚炎は日本皮膚科学会によるガイドラインが作成されています。
ガイドラインには接触皮膚炎の種類や詳しい原因などが明記されています。
接触皮膚炎の治療はこういったガイドラインをもとに標準的治療が行われているそうです。

接触皮膚炎学会

接触皮膚炎学会は折衝皮膚炎のほか、蕁麻疹やアトピー性皮膚炎、食物アレルギー等の皮膚アレルギー疾患を対象とした学会で、これまでいくつかの問題点を解決に導き、様々な皮膚炎に対し貢献している学会のようです。
接触皮膚炎学会では皮膚炎を治すための薬の臨床、原因物質特定のためのパッチテスト研究などが行われているそうです。
http://www.jsdacd.org/

このページのトップへ
痒み(かゆみ)
かゆみ 〜かぶれ、あせも、とびひ〜
皮膚のかゆみ(痒み)について
皮膚のかゆみ(痒み)の原因
皮膚のかゆみ(痒み)と湿疹
痒み止めについて
かゆみ止めの飲み薬について
虫刺されと痒み止めについて
ダニによる痒み
アトピーのかゆみ止め(痒み止め)について
セマフォリンについて
頭皮のかゆみ(痒み)について
肛門のかゆみ(痒み)
肛門のかゆみ(痒み)の薬
陰部のかゆみ(痒み)
性病のかゆみ
カンジダについて
膣炎について
トリコモナスについて
楔前部(けつぜんぶ)と痒みの関係
接触皮膚炎について
原発性胆汁性肝硬変と皮膚のかゆみについて
コンジロームと痒みについて
肝硬変と皮膚の痒みについて
眼瞼結膜と痒みについて
皮膚掻痒症について
白癬症について
慢性腎不全と皮膚のかゆみについて
ヘルペスについて
骨盤腹膜炎について
閉塞性黄疸について
閉塞性動脈硬化症について
過換気症候群について
貨幣状皮膚炎について
薬物性肝障害について
脂漏性皮膚炎について
かぶれ
皮膚のかぶれについて
かぶれの治療について
かぶれの薬について
化粧かぶれについて
マンゴーによる、かぶれについて
オムツかぶれについて
毛虫による、かぶれについて
うるしによる、かぶれについて
ナプキンによるかぶれについて
あせも
あせもの薬について
あせも対策について
あせも治療について
あせもの原因について
赤ちゃんのあせも
新生児のあせも
乳児のあせも
あせも―大人の場合
あせもの写真
とびひ
とびひについて
とびひの治療について
とびひの症状について
とびひの写真
とびひの薬について
とびひ―大人の場合
虫刺され
虫刺されの薬について
虫刺されの症状について
虫刺されの写真
虫刺されによる腫れについて
虫刺されによる水ぶくれについて
赤ちゃんの虫刺されについて
ダニによる虫刺され
虫刺され(ダニ、ノミ)について
ブヨによる虫刺されについて
毛虫による虫刺されについて