トリコモナスとは

トリコモナスとは女性特有の性病の一つです。

トリコモナス症は膣炎や尿道炎、子宮頚管炎などを引き起こします。
主な症状として、おりものが泡立ったり悪臭をもったりします。
また、排尿時などの不快感や、陰部の痛み、とくにヒリヒリするような灼熱感があるそうです。
酷い場合だと腹痛を伴うこともあるそうです。

トリコモナス症は感染してから症状が発症するまでに10日程の潜伏期間があるそうです。
潜伏期間の間は症状がないため、感染していることに気付かないで性交渉などで男性に感染する場合もあります。
ただ、男性の場合は女性と違って感染しても無症状の場合が多く、症状が出たとしても軽い痒みや排尿時などに痛みを感じることがある程度のようです。

トリコモナス症にかかった女性が出産すると、未熟児が産まれる可能性が高くなるそうです。

トリコモナスは接触感染です。
例えばトリコモナス症に感染している男性が症状がないため感染していることに気付かずに他の女性と性行為を行うと女性に感染してしまいます。
つまり男性はトリコモナスの媒介者の役割になってしまうのです。

ただ、必ずしも性行為のみで感染するのかと言えば、そういう訳でもなく、下着やタオル、トイレ、お風呂などでも感染する可能性はあるそうです。
また母体がトリコモナス症に感染している場合は、出産時に赤ちゃんに感染する可能性もあります。

トリコモナスの治療はメトロニダゾールという内服薬を用いて行われます。
決して珍しい病気でもなく、女性の場合全体の5〜10%の方がトリコモナス症にかかるそうです。
男性の場合は1〜2%と女性の1/5です。

トリコモナス症にかかったら、まず他への感染を防ぐために治療を受けることが大切です。
また日頃より性行為時にはコンドームを利用するなど、性感染症に気をつける必要があります。
感染したまま放置していればHIV感染症のリスクも高まるそうです。
性病は早期治療で二次感染を未然に防ぐようにしましょうね。

上記のメトロニダゾールも含め、医薬品を解説している本もあります。

このページのトップへ
痒み(かゆみ)
かゆみ 〜かぶれ、あせも、とびひ〜
皮膚のかゆみ(痒み)について
皮膚のかゆみ(痒み)の原因
皮膚のかゆみ(痒み)と湿疹
痒み止めについて
かゆみ止めの飲み薬について
虫刺されと痒み止めについて
ダニによる痒み
アトピーのかゆみ止め(痒み止め)について
セマフォリンについて
頭皮のかゆみ(痒み)について
肛門のかゆみ(痒み)
肛門のかゆみ(痒み)の薬
陰部のかゆみ(痒み)
性病のかゆみ
カンジダについて
膣炎について
トリコモナスについて
楔前部(けつぜんぶ)と痒みの関係
接触皮膚炎について
原発性胆汁性肝硬変と皮膚のかゆみについて
コンジロームと痒みについて
肝硬変と皮膚の痒みについて
眼瞼結膜と痒みについて
皮膚掻痒症について
白癬症について
慢性腎不全と皮膚のかゆみについて
ヘルペスについて
骨盤腹膜炎について
閉塞性黄疸について
閉塞性動脈硬化症について
過換気症候群について
貨幣状皮膚炎について
薬物性肝障害について
脂漏性皮膚炎について
かぶれ
皮膚のかぶれについて
かぶれの治療について
かぶれの薬について
化粧かぶれについて
マンゴーによる、かぶれについて
オムツかぶれについて
毛虫による、かぶれについて
うるしによる、かぶれについて
ナプキンによるかぶれについて
あせも
あせもの薬について
あせも対策について
あせも治療について
あせもの原因について
赤ちゃんのあせも
新生児のあせも
乳児のあせも
あせも―大人の場合
あせもの写真
とびひ
とびひについて
とびひの治療について
とびひの症状について
とびひの写真
とびひの薬について
とびひ―大人の場合
虫刺され
虫刺されの薬について
虫刺されの症状について
虫刺されの写真
虫刺されによる腫れについて
虫刺されによる水ぶくれについて
赤ちゃんの虫刺されについて
ダニによる虫刺され
虫刺され(ダニ、ノミ)について
ブヨによる虫刺されについて
毛虫による虫刺されについて