カンジダとは

カンジダとは人間がもともと体内にもっているカビに属する真菌の一種です。
消化管や体表、女性の場合だと膣粘膜にも10%ほど生息していると言われています。
このカンジダが原因となって病気起こすものがいくつかあります。

代表的なものが女性の感染症であるカンジダ膣外陰炎です。
性感染症だからといっても性交渉をしていなくても発生する性病です。
症状としては外陰部の痒みやカッテージチーズのような白いおりものと言われています。
カンジダは体の抵抗力がストレスや疲労によって落ちたときに、異常増殖して病気を引き起こします。

痒みが酷くなると痛みも伴うようになるため、早期の治療が望ましいです。
最近は薬局でも簡単に軟膏が手に入りますよね。
あとは病院では抗生物質などを処方して症状を改善させていきます。

女性は黄体ホルモンの影響で膣内が酸性化し、カンジダを発生しやすい環境にしてしまいます。
そのため、生理前に痒みを感じる人もいるようですが、生理が終われば症状もおさまります。
また、妊娠中も黄体ホルモンが大量に分泌されるため発生しやすいです。
ビルを服用している場合、擬妊娠状態と同じになるため、同様にガンジダ症になりやすいと言われています。
その他、糖尿病やステロイドホルモンの治療を受けている場合は免疫機能が低下することでガンジダが発生しやすいといいます。

ガンジダが起こす病気として、この他にも皮膚カンジダ症や口腔カンジダ症、口角炎などがあります。
ガンジダと耳にしたら、まず最初に性病が思い浮かぶかと思いますが、カンジダが原因の病気はそれに限らず色々とあります。

例えば口腔カンジダなどは唾液の分泌不足や義歯が不衛生になることで、カンジダ菌が異常繁殖しては起こる病気ですが、すぐに治るだろうと放って置いた結果、肺炎などの深部感染症を引き起こす可能性もあり危険です。
口腔カンジダはとくに免疫力が低下したお年寄りの多い病気だそうです。
異変に気付いたら、市販の薬に頼るまえにまず病院で診察を受けるようにしましょうね。

このページのトップへ
痒み(かゆみ)
かゆみ 〜かぶれ、あせも、とびひ〜
皮膚のかゆみ(痒み)について
皮膚のかゆみ(痒み)の原因
皮膚のかゆみ(痒み)と湿疹
痒み止めについて
かゆみ止めの飲み薬について
虫刺されと痒み止めについて
ダニによる痒み
アトピーのかゆみ止め(痒み止め)について
セマフォリンについて
頭皮のかゆみ(痒み)について
肛門のかゆみ(痒み)
肛門のかゆみ(痒み)の薬
陰部のかゆみ(痒み)
性病のかゆみ
カンジダについて
膣炎について
トリコモナスについて
楔前部(けつぜんぶ)と痒みの関係
接触皮膚炎について
原発性胆汁性肝硬変と皮膚のかゆみについて
コンジロームと痒みについて
肝硬変と皮膚の痒みについて
眼瞼結膜と痒みについて
皮膚掻痒症について
白癬症について
慢性腎不全と皮膚のかゆみについて
ヘルペスについて
骨盤腹膜炎について
閉塞性黄疸について
閉塞性動脈硬化症について
過換気症候群について
貨幣状皮膚炎について
薬物性肝障害について
脂漏性皮膚炎について
かぶれ
皮膚のかぶれについて
かぶれの治療について
かぶれの薬について
化粧かぶれについて
マンゴーによる、かぶれについて
オムツかぶれについて
毛虫による、かぶれについて
うるしによる、かぶれについて
ナプキンによるかぶれについて
あせも
あせもの薬について
あせも対策について
あせも治療について
あせもの原因について
赤ちゃんのあせも
新生児のあせも
乳児のあせも
あせも―大人の場合
あせもの写真
とびひ
とびひについて
とびひの治療について
とびひの症状について
とびひの写真
とびひの薬について
とびひ―大人の場合
虫刺され
虫刺されの薬について
虫刺されの症状について
虫刺されの写真
虫刺されによる腫れについて
虫刺されによる水ぶくれについて
赤ちゃんの虫刺されについて
ダニによる虫刺され
虫刺され(ダニ、ノミ)について
ブヨによる虫刺されについて
毛虫による虫刺されについて