ブヨによる虫刺されの症状―腫れなど

虫刺されの中でもやっかいなのがブヨによるものです。ブヨはハエに似た吸血性の虫でキャンプ場や山間部の渓流の近くに多く発生しています。

虫刺されの中でもブヨは蚊やダニと違い、酷い場合だと歩行困難になるほど腫れと痛みなどの症状が出ると言われています。また時に発熱を伴う場合もあります。

とくにアレルギーを持つ人の場合は重症化する恐れがありますので注意が必要です。

ブヨによる虫刺されの特徴のひとつに大きな腫れがあります。

蚊とは比べ物にならないほど腫れ、またその腫れが引くまでに数日掛かるというのも特徴です。

ブヨの虫刺されの治療

ブヨによる虫刺されの治療には抗ヒスタミン剤やステロイド剤が含まれる外用薬が有効だそうです。刺されると強烈なかゆみと腫れを引き起こすため早めの治療が必要です。

皮膚科でのブヨの虫刺されの治療

ブヨによる虫刺されは皮膚科で治療を受けることができます。

痒みや腫れが酷い場合は、速やかに皮膚科を受診するほうがよいでしょう。市販の薬より病院で処方してもらう薬のほうがやはり効き目があります。

症状を少しでも緩和させ早く治すためにも皮膚科で治療をうけるようにしましょう。

ブヨの虫刺されの薬

虫刺されの場合に良く効く薬は、ステロイドや痒みを抑える抗ヒスタミン剤が入った軟膏が有効です。

症状が酷い場合は痛み止めの注射をうったりすることもあります。

薬以外に痒みを和らげる方法として、患部を冷やすという方法もあります。

ブヨによる虫刺されの写真

実際ブヨがどんな虫か知っていますか?一瞬ハエと間違えるほど似ていますがハエより一回りほど小さい虫で綺麗な水の流れる渓流のそばに生息しています。

山にでも行かない限りあまり被害にあうことはありませんが、夏時期のレジャーなどでよく刺されます。

ブヨにる虫刺されの状態などはネットを使えば簡単に写真で見ることができます。心あたりの方はそういった写真と見比べてみてはいかがですか?

ブヨによる虫刺されの写真1 ブヨによる虫刺されの写真2
このページのトップへ
痒み(かゆみ)
かゆみ 〜かぶれ、あせも、とびひ〜
皮膚のかゆみ(痒み)について
皮膚のかゆみ(痒み)の原因
皮膚のかゆみ(痒み)と湿疹
痒み止めについて
かゆみ止めの飲み薬について
虫刺されと痒み止めについて
ダニによる痒み
アトピーのかゆみ止め(痒み止め)について
セマフォリンについて
頭皮のかゆみ(痒み)について
肛門のかゆみ(痒み)
肛門のかゆみ(痒み)の薬
陰部のかゆみ(痒み)
性病のかゆみ
カンジダについて
膣炎について
トリコモナスについて
楔前部(けつぜんぶ)と痒みの関係
接触皮膚炎について
原発性胆汁性肝硬変と皮膚のかゆみについて
コンジロームと痒みについて
肝硬変と皮膚の痒みについて
眼瞼結膜と痒みについて
皮膚掻痒症について
白癬症について
慢性腎不全と皮膚のかゆみについて
ヘルペスについて
骨盤腹膜炎について
閉塞性黄疸について
閉塞性動脈硬化症について
過換気症候群について
貨幣状皮膚炎について
薬物性肝障害について
脂漏性皮膚炎について
かぶれ
皮膚のかぶれについて
かぶれの治療について
かぶれの薬について
化粧かぶれについて
マンゴーによる、かぶれについて
オムツかぶれについて
毛虫による、かぶれについて
うるしによる、かぶれについて
ナプキンによるかぶれについて
あせも
あせもの薬について
あせも対策について
あせも治療について
あせもの原因について
赤ちゃんのあせも
新生児のあせも
乳児のあせも
あせも―大人の場合
あせもの写真
とびひ
とびひについて
とびひの治療について
とびひの症状について
とびひの写真
とびひの薬について
とびひ―大人の場合
虫刺され
虫刺されの薬について
虫刺されの症状について
虫刺されの写真
虫刺されによる腫れについて
虫刺されによる水ぶくれについて
赤ちゃんの虫刺されについて
ダニによる虫刺され
虫刺され(ダニ、ノミ)について
ブヨによる虫刺されについて
毛虫による虫刺されについて