赤ちゃんが虫刺されにあったら

赤ちゃんの虫刺されは悪化し易いと言えます。刺された部分は真っ赤に腫れ熱を持つことも珍しくありません。また刺された中心部に硬いしこりのようなものができることもあります。

赤ちゃんは痒くても大人に伝えることが出来ないため泣く事で一生懸命訴えます。虫刺されが酷いと夜泣きにも影響してきます。赤ちゃんの虫刺されは少しでも早く治してあげるようにしてあげ、虫刺されの被害にあわないような環境を作っていってあげましょう。

赤ちゃんの虫刺されの原因の殆どが蚊やダニなどの虫ですが、虫刺されの状態を対処法と共に写真で掲載しているサイトがあります。ネットで検索すれば簡単に見つけることができると思います。

赤ちゃんの虫刺されで困ったときはこういったサイトも是非参考にしてみてください。

赤ちゃんの虫刺されと水ぶくれ

時に赤ちゃんの虫刺されが水ぶくれになることがあります。掻いてもいないのになんで水ぶくれになるんだろう?と疑問に思うお母さんもいることでしょう。

これは刺したときに虫が残した唾液に反応して起こる減少です。掻き壊して悪化させなければ通常の薬で十分治すことができるそうです。

バンドエイドで密閉するのはよくありませんので薄いガーゼなどで薬を塗って保護してあげるとよいでしょう。

赤ちゃんの虫刺されの薬

赤ちゃんの肌はとてもデリケートなため、使用する薬にも少々気をつけなくてはいけません。なるべくなら皮膚科にいって薬を処方してもらうようにしましょう。

ステロイド配合の軟膏や抗ヒスタミン剤が入った軟膏が用いられることが殆どです。早期に治して早く不快症状をとってあげることが先決といえます。

赤ちゃんの虫刺されとダニについて

寝ることが仕事の赤ちゃんの布団は汗による湿気も多く、まさにダニが好む場所であります。

通常布団にいるダニが人を刺すことは無いと言われ、ダニよる虫刺されの心配はまずありませんが、ダニの死骸などが皮膚に触れることでアレルギー反応を起こし虫刺されの用に腫れてしまうことがあるそうです。

予防として毎日布団を乾燥させてシーツは毎日取りかえて清潔な状態を保ってあげるようにしましょう。

このページのトップへ
痒み(かゆみ)
かゆみ 〜かぶれ、あせも、とびひ〜
皮膚のかゆみ(痒み)について
皮膚のかゆみ(痒み)の原因
皮膚のかゆみ(痒み)と湿疹
痒み止めについて
かゆみ止めの飲み薬について
虫刺されと痒み止めについて
ダニによる痒み
アトピーのかゆみ止め(痒み止め)について
セマフォリンについて
頭皮のかゆみ(痒み)について
肛門のかゆみ(痒み)
肛門のかゆみ(痒み)の薬
陰部のかゆみ(痒み)
性病のかゆみ
カンジダについて
膣炎について
トリコモナスについて
楔前部(けつぜんぶ)と痒みの関係
接触皮膚炎について
原発性胆汁性肝硬変と皮膚のかゆみについて
コンジロームと痒みについて
肝硬変と皮膚の痒みについて
眼瞼結膜と痒みについて
皮膚掻痒症について
白癬症について
慢性腎不全と皮膚のかゆみについて
ヘルペスについて
骨盤腹膜炎について
閉塞性黄疸について
閉塞性動脈硬化症について
過換気症候群について
貨幣状皮膚炎について
薬物性肝障害について
脂漏性皮膚炎について
かぶれ
皮膚のかぶれについて
かぶれの治療について
かぶれの薬について
化粧かぶれについて
マンゴーによる、かぶれについて
オムツかぶれについて
毛虫による、かぶれについて
うるしによる、かぶれについて
ナプキンによるかぶれについて
あせも
あせもの薬について
あせも対策について
あせも治療について
あせもの原因について
赤ちゃんのあせも
新生児のあせも
乳児のあせも
あせも―大人の場合
あせもの写真
とびひ
とびひについて
とびひの治療について
とびひの症状について
とびひの写真
とびひの薬について
とびひ―大人の場合
虫刺され
虫刺されの薬について
虫刺されの症状について
虫刺されの写真
虫刺されによる腫れについて
虫刺されによる水ぶくれについて
赤ちゃんの虫刺されについて
ダニによる虫刺され
虫刺され(ダニ、ノミ)について
ブヨによる虫刺されについて
毛虫による虫刺されについて