虫刺されと腫れ

蚊やダニ、ノミ、ブヨなどによる虫刺されは酷い場合だと強い腫れを伴うことがあります。体質にもより対して腫れない人もいますが、アトピー性皮膚炎を持っている人の場合に強く腫れる傾向にあります。

虫刺されの状態を写真で説明しているHPを見たことがありますが、全てに共通する虫刺されの症状ははやり腫れのようです。刺した虫によりその程度や状態は様々です。

虫刺されによる腫れ―かゆみや痛み、熱が伴う場合

虫刺されの症状で必ずといっていいほど有るのは、腫れとかゆみです。この二つの症状は大抵の虫刺されに共通して起こります。これは菌に対して体が起こす防御反応の1つでもあります。

虫刺されは体質や刺された部位により腫れ具合や痛みも違いがあります。また刺す虫によっても刺す場所に特徴があることもあります。夏場など虫が多く発生する時期は肌を守ったり虫避け効果のあるものを身につけるなどの対策を取るようにしたいですね。

虫刺されが悪化すると強い腫れと共に熱を出すこともあります。これは体内で菌を追い出すべく戦っているために起こる反応です。

虫刺されによる腫れとアレルギー

なかには虫刺されによるアレルギー症状を起こす人がいます。重症化するとアナフィラキシーショックを起こし大変危険な状態になります。患部の腫れのほか、気道が腫れるため呼吸困難を起こして死亡に至るケースもあるそうです。

虫刺されの腫れと治療

虫刺されで腫れや痒みがひどい場合はすぐに皮膚科へいって治療をうけるようにしましょう。市販の薬では効き目に限界があります。早期に治療して少しでも症状を鎮めて悪化を防ぎましょう。

虫刺されの腫れ―子供の場合

子供の虫刺されは大人に比べて腫れも酷く悪化し易い傾向にあります。酷い場合は刺された部分が硬く大きく腫れることもあります。子供の虫刺されは早めの治療を心がけるようにしましょう。また虫除け対策も必須です。

ブヨによる虫刺されの腫れ

山の渓流付近に生息するというハエに似た虫のブヨによる虫刺されは、赤く腫れ、2日後ぐらいに強い痒みが発症するそうです。酷い場合は歩行困難になるほど腫れることもあるそうです。

このページのトップへ
痒み(かゆみ)
かゆみ 〜かぶれ、あせも、とびひ〜
皮膚のかゆみ(痒み)について
皮膚のかゆみ(痒み)の原因
皮膚のかゆみ(痒み)と湿疹
痒み止めについて
かゆみ止めの飲み薬について
虫刺されと痒み止めについて
ダニによる痒み
アトピーのかゆみ止め(痒み止め)について
セマフォリンについて
頭皮のかゆみ(痒み)について
肛門のかゆみ(痒み)
肛門のかゆみ(痒み)の薬
陰部のかゆみ(痒み)
性病のかゆみ
カンジダについて
膣炎について
トリコモナスについて
楔前部(けつぜんぶ)と痒みの関係
接触皮膚炎について
原発性胆汁性肝硬変と皮膚のかゆみについて
コンジロームと痒みについて
肝硬変と皮膚の痒みについて
眼瞼結膜と痒みについて
皮膚掻痒症について
白癬症について
慢性腎不全と皮膚のかゆみについて
ヘルペスについて
骨盤腹膜炎について
閉塞性黄疸について
閉塞性動脈硬化症について
過換気症候群について
貨幣状皮膚炎について
薬物性肝障害について
脂漏性皮膚炎について
かぶれ
皮膚のかぶれについて
かぶれの治療について
かぶれの薬について
化粧かぶれについて
マンゴーによる、かぶれについて
オムツかぶれについて
毛虫による、かぶれについて
うるしによる、かぶれについて
ナプキンによるかぶれについて
あせも
あせもの薬について
あせも対策について
あせも治療について
あせもの原因について
赤ちゃんのあせも
新生児のあせも
乳児のあせも
あせも―大人の場合
あせもの写真
とびひ
とびひについて
とびひの治療について
とびひの症状について
とびひの写真
とびひの薬について
とびひ―大人の場合
虫刺され
虫刺されの薬について
虫刺されの症状について
虫刺されの写真
虫刺されによる腫れについて
虫刺されによる水ぶくれについて
赤ちゃんの虫刺されについて
ダニによる虫刺され
虫刺され(ダニ、ノミ)について
ブヨによる虫刺されについて
毛虫による虫刺されについて