とびひは大人でも感染する

とびひは子供の代表的な感染性の皮膚疾患とも言える病気ですが、大人であってもとびひに感染することはあります。ストレスや疲労などで抵抗力、免疫力が低下してるときに、とびひの菌を貰った場合、発症してしまうことがあります。

とびひとは黄色ブドウ球菌の細菌が引き起こす感染性の水疱性膿痂疾患のことで、虫刺されや汗も、蕁麻疹や切り傷などから発症します。

アトピー性皮膚炎を持っていた場合も発症しやすいと言えます。

ただ大人は子供とは違い我慢することが出来るため、子供に比べて完治も比較的早いと言えます。

子供がとひびにかかってしまったときに、薬などを塗ってあげる際、菌を貰わないように気をつけなければいけません。できるだけ患部は面貌などを使って直接触れないようにして薬を塗ってあげましょう。

勿論全ての人が感染するわけではありません。患部を触ってもなんともない人も勿論います。大抵の場合は大丈夫ですが、注意するに越したことはありません。

大人がとびひにかかったときの治療法とは

大人のとびひの治療も基本的には子供の場合と同じだと言えます。殺菌作用のある軟膏の塗布と内服による抗生物質の投与によって治療を進めていくのが一般的です。

水疱が潰れて感染するのを防ぐために絆創膏を貼る人がいますが、これはとびひを治す上ではよくありません。とびひは通気をよくし乾燥させることが大切です。

傷を保護したい場合は、通気性のよい薄めのガーゼに薬を塗って当てておくとよいでしょう。ガーゼは入浴時には剥がして患部を綺麗にあらい、再度新しいガーゼをつけるようにするとよいでしょう。

このページのトップへ
痒み(かゆみ)
かゆみ 〜かぶれ、あせも、とびひ〜
皮膚のかゆみ(痒み)について
皮膚のかゆみ(痒み)の原因
皮膚のかゆみ(痒み)と湿疹
痒み止めについて
かゆみ止めの飲み薬について
虫刺されと痒み止めについて
ダニによる痒み
アトピーのかゆみ止め(痒み止め)について
セマフォリンについて
頭皮のかゆみ(痒み)について
肛門のかゆみ(痒み)
肛門のかゆみ(痒み)の薬
陰部のかゆみ(痒み)
性病のかゆみ
カンジダについて
膣炎について
トリコモナスについて
楔前部(けつぜんぶ)と痒みの関係
接触皮膚炎について
原発性胆汁性肝硬変と皮膚のかゆみについて
コンジロームと痒みについて
肝硬変と皮膚の痒みについて
眼瞼結膜と痒みについて
皮膚掻痒症について
白癬症について
慢性腎不全と皮膚のかゆみについて
ヘルペスについて
骨盤腹膜炎について
閉塞性黄疸について
閉塞性動脈硬化症について
過換気症候群について
貨幣状皮膚炎について
薬物性肝障害について
脂漏性皮膚炎について
かぶれ
皮膚のかぶれについて
かぶれの治療について
かぶれの薬について
化粧かぶれについて
マンゴーによる、かぶれについて
オムツかぶれについて
毛虫による、かぶれについて
うるしによる、かぶれについて
ナプキンによるかぶれについて
あせも
あせもの薬について
あせも対策について
あせも治療について
あせもの原因について
赤ちゃんのあせも
新生児のあせも
乳児のあせも
あせも―大人の場合
あせもの写真
とびひ
とびひについて
とびひの治療について
とびひの症状について
とびひの写真
とびひの薬について
とびひ―大人の場合
虫刺され
虫刺されの薬について
虫刺されの症状について
虫刺されの写真
虫刺されによる腫れについて
虫刺されによる水ぶくれについて
赤ちゃんの虫刺されについて
ダニによる虫刺され
虫刺され(ダニ、ノミ)について
ブヨによる虫刺されについて
毛虫による虫刺されについて