とびひの治療薬

とひびは夏に多く発症する疾患で、主に子供に発症し、非常にやっかいな皮膚疾患です。

とびひの治療は抗生物質や殺菌作用のある薬を用いて行われます。とびひがつぶれて他の部位へ感染させないために通気性のよいガーゼで患部を覆うこともあります。

虫さされが重症化してとびひになるパターンが多いです。抵抗力が落ちているときに発症しやすいと言われます。

掻き毟ることで菌が他の部位へ散り感染を広めていきます。広がり易いため初期の段階で早めに薬を用いて治すことが大切です。

とびひの薬―市販の薬

とびひは市販の薬を使って治すことも十分可能です。市販の薬を買う際は、抗生物質の入った軟膏を選ぶようにしましょう。例えば、ドルマイシンなんかがそうです。

また薬を塗る前にオキシドールなどでしっかり消毒しておくのも早期治癒に繋がります。

とびひの薬―リンデロン軟膏

悪化するまえのとびひにはリンデロン軟膏も治療効果があります。リンデロンは抗生物質を含んでいますが量は微量のためこれだけでは完治に時間が掛かると思います。

また、ステロイドも含んでいるため長期の使用には向いていません。できればリンデロンと一緒に抗生剤の内服薬を用いて治療するようにしましょう。

とびひの薬―ゲンタシン軟膏

とびひの治療薬としてよく出される薬にゲンタシンというものがあります。ゲンタシンは非ステロイドで殺菌作用のある、白または薄黄色の軟膏です。

ゲンタシンは30%の割合で耐性菌が存在すると言われており、薬が効かない場合もあります。

とびひの薬―フシジンレオ軟膏

ゲンタシンやリンデロンの他にもとびひに効く薬にフシジンレオ軟膏というものもあります。この軟膏はとびひの原因であるブドウ球菌に特によく効くといわれています。

このページのトップへ
痒み(かゆみ)
かゆみ 〜かぶれ、あせも、とびひ〜
皮膚のかゆみ(痒み)について
皮膚のかゆみ(痒み)の原因
皮膚のかゆみ(痒み)と湿疹
痒み止めについて
かゆみ止めの飲み薬について
虫刺されと痒み止めについて
ダニによる痒み
アトピーのかゆみ止め(痒み止め)について
セマフォリンについて
頭皮のかゆみ(痒み)について
肛門のかゆみ(痒み)
肛門のかゆみ(痒み)の薬
陰部のかゆみ(痒み)
性病のかゆみ
カンジダについて
膣炎について
トリコモナスについて
楔前部(けつぜんぶ)と痒みの関係
接触皮膚炎について
原発性胆汁性肝硬変と皮膚のかゆみについて
コンジロームと痒みについて
肝硬変と皮膚の痒みについて
眼瞼結膜と痒みについて
皮膚掻痒症について
白癬症について
慢性腎不全と皮膚のかゆみについて
ヘルペスについて
骨盤腹膜炎について
閉塞性黄疸について
閉塞性動脈硬化症について
過換気症候群について
貨幣状皮膚炎について
薬物性肝障害について
脂漏性皮膚炎について
かぶれ
皮膚のかぶれについて
かぶれの治療について
かぶれの薬について
化粧かぶれについて
マンゴーによる、かぶれについて
オムツかぶれについて
毛虫による、かぶれについて
うるしによる、かぶれについて
ナプキンによるかぶれについて
あせも
あせもの薬について
あせも対策について
あせも治療について
あせもの原因について
赤ちゃんのあせも
新生児のあせも
乳児のあせも
あせも―大人の場合
あせもの写真
とびひ
とびひについて
とびひの治療について
とびひの症状について
とびひの写真
とびひの薬について
とびひ―大人の場合
虫刺され
虫刺されの薬について
虫刺されの症状について
虫刺されの写真
虫刺されによる腫れについて
虫刺されによる水ぶくれについて
赤ちゃんの虫刺されについて
ダニによる虫刺され
虫刺され(ダニ、ノミ)について
ブヨによる虫刺されについて
毛虫による虫刺されについて