乳児のあせも対策

新生児や乳児は大変新陳代謝が活発なため非常に汗をかきやすいです。しかも肌が大変デリケートなため刺激をもろに受けてしまいます。

乳児であっても汗腺の数は大人と一緒だといいます。大人は自分で汗を拭くことも体温調節をすることもできますが、乳児はそういうことはできません。

親や大人がしっかりと対策をとりケアをしてあげる必要があります。まず厚着を避け、エアコンなどで室内を快適温度にしましょう。衣服は綿100%の吸収性の良いものをえらび、入浴時はガーゼで優しく汚れを洗いながしてあげましょう。

また着替えをこまめにし、その都度体を拭いてあげるなど対策をとればあせもの発症、悪化を防ぐことが十分可能なのです。

乳児のあせもの薬

乳児のあせも治療に使われる薬は主に非ステロイドの軟膏やローションです。

ベビーパウダーなど汗を抑える粉は逆に汗腺を防ぎあせもを悪化させる場合もありあまりおすすめはできません。

汗をかくことは代謝のためにもいいことなので適度にかかせることは大切です。大事なのは悪化させない、汗をかいたらすぐ拭いてあげるなど予防ケアをしていくことです。

あせもが悪化したら引っ掻いたり泣き続けたりと後が大変です。そうなるまえに薬を使って早めに治してあげることも必要なのです。

おむつかぶれ・あせも・湿疹・皮膚炎に!赤ちゃんにも安心してお使いいただけます!ポリベビー50g【第3類医薬品】

乳児の首のあせも

寝ることが仕事である乳児や新生児は動けるようになるまでは肉付き豊かです。そのため手首や足首、首などの肉付きが大変よくまるまるしています。

そういった部分は汗をかきやすく、また皮膚で密閉されているためあせもが非常にできやすいです。首などは汗をかくと痒くなったりもして睡眠の妨げにも成りかねません。

乳児が快適に過ごせるように汗をこまめにふき取ってあげるなど十分なケアを心がけあせもから守ってあげましょう。

乳児のあせもの画像

乳児にはあせも以外にもいくつかの発疹があります。

新生児ニキビや乳児脂漏性湿疹、かぶれ、アレルギーによる湿疹などです。

それらを見分けるには症状を写した画像が参考になります。画像を見れば解ると思いますが、それぞれに出来る場所に特徴があったり、発症した場合の症状などである程度見分けることができます。

しかし画像で見分けることはできても症状が改善されないようであれば速やかに病院で治療を受けるようにしましょう。悪化させないことが何よりです。

乳児のあせもの写真
このページのトップへ
痒み(かゆみ)
かゆみ 〜かぶれ、あせも、とびひ〜
皮膚のかゆみ(痒み)について
皮膚のかゆみ(痒み)の原因
皮膚のかゆみ(痒み)と湿疹
痒み止めについて
かゆみ止めの飲み薬について
虫刺されと痒み止めについて
ダニによる痒み
アトピーのかゆみ止め(痒み止め)について
セマフォリンについて
頭皮のかゆみ(痒み)について
肛門のかゆみ(痒み)
肛門のかゆみ(痒み)の薬
陰部のかゆみ(痒み)
性病のかゆみ
カンジダについて
膣炎について
トリコモナスについて
楔前部(けつぜんぶ)と痒みの関係
接触皮膚炎について
原発性胆汁性肝硬変と皮膚のかゆみについて
コンジロームと痒みについて
肝硬変と皮膚の痒みについて
眼瞼結膜と痒みについて
皮膚掻痒症について
白癬症について
慢性腎不全と皮膚のかゆみについて
ヘルペスについて
骨盤腹膜炎について
閉塞性黄疸について
閉塞性動脈硬化症について
過換気症候群について
貨幣状皮膚炎について
薬物性肝障害について
脂漏性皮膚炎について
かぶれ
皮膚のかぶれについて
かぶれの治療について
かぶれの薬について
化粧かぶれについて
マンゴーによる、かぶれについて
オムツかぶれについて
毛虫による、かぶれについて
うるしによる、かぶれについて
ナプキンによるかぶれについて
あせも
あせもの薬について
あせも対策について
あせも治療について
あせもの原因について
赤ちゃんのあせも
新生児のあせも
乳児のあせも
あせも―大人の場合
あせもの写真
とびひ
とびひについて
とびひの治療について
とびひの症状について
とびひの写真
とびひの薬について
とびひ―大人の場合
虫刺され
虫刺されの薬について
虫刺されの症状について
虫刺されの写真
虫刺されによる腫れについて
虫刺されによる水ぶくれについて
赤ちゃんの虫刺されについて
ダニによる虫刺され
虫刺され(ダニ、ノミ)について
ブヨによる虫刺されについて
毛虫による虫刺されについて