新生児のあせも対策

新生児は体温調節ができない上、新陳代謝も激しいため大変汗をかきやすく、あせもも発症しやすいです。

対策としてはエアコンなど上手に使って室温を快適に保ってあげ、こまめに着替えをさせてあげることです。衣服も吸収性の良い綿のものを着せてあげるとよいでしょう。

小さい頃はしっかり汗を出させたほうが良いといって汗をかかせる親もいますが、それは自分で動けるようになってからにしましょう!

新生児のあせもの薬

新生児のあせもの治療には主に非ステロイドの軟膏が使用されます。

良く使われるのはアンダーム軟膏というもので乳児脂漏性湿疹などにも使用できます。これらで症状が緩和されない場合はアルメタ軟膏やリンデロン軟膏など弱〜中度のステロイドが配合された軟膏薬を用いて治療をします。

最近は市販の薬でもあせも対策商品がいくつか出ているのでそれらを試してみるのも良いかもしれませんね。

おむつかぶれ・あせも・湿疹・皮膚炎に!赤ちゃんにも安心してお使いいただけます!ポリベビー50g【第3類医薬品】

新生児の顔のあせも

新生児は皮膚が密着していない部分である顔にもあせもができます。

主に額の部分で紅色汗疹といいますが、ここに汗をかき、そのままにしておくと埃や皮脂の汚れが汗せんに詰まってしまうことであせもになります。

こまめに汗をふき取ってあげることで予防することは可能ですので大人が気をつけてあげましょう。

新生児の首のあせも

新生児は肉付きのよさから手首やわきの下、首などに大変汗をかきやすく、そういった部分にあせもができやすいです。

首はあせもの他にもアカもたまりやすく、綺麗にしてあげないと臭いが気になるようにもなります。

垢があることであせもは、より増殖しやすいので、ぬれたタオルなどを使い授乳の度にこまめに拭いてあげるなどしましょう。首以外に手首など皮膚が食い込んでいるようなところは全て該当します。

このページのトップへ
痒み(かゆみ)
かゆみ 〜かぶれ、あせも、とびひ〜
皮膚のかゆみ(痒み)について
皮膚のかゆみ(痒み)の原因
皮膚のかゆみ(痒み)と湿疹
痒み止めについて
かゆみ止めの飲み薬について
虫刺されと痒み止めについて
ダニによる痒み
アトピーのかゆみ止め(痒み止め)について
セマフォリンについて
頭皮のかゆみ(痒み)について
肛門のかゆみ(痒み)
肛門のかゆみ(痒み)の薬
陰部のかゆみ(痒み)
性病のかゆみ
カンジダについて
膣炎について
トリコモナスについて
楔前部(けつぜんぶ)と痒みの関係
接触皮膚炎について
原発性胆汁性肝硬変と皮膚のかゆみについて
コンジロームと痒みについて
肝硬変と皮膚の痒みについて
眼瞼結膜と痒みについて
皮膚掻痒症について
白癬症について
慢性腎不全と皮膚のかゆみについて
ヘルペスについて
骨盤腹膜炎について
閉塞性黄疸について
閉塞性動脈硬化症について
過換気症候群について
貨幣状皮膚炎について
薬物性肝障害について
脂漏性皮膚炎について
かぶれ
皮膚のかぶれについて
かぶれの治療について
かぶれの薬について
化粧かぶれについて
マンゴーによる、かぶれについて
オムツかぶれについて
毛虫による、かぶれについて
うるしによる、かぶれについて
ナプキンによるかぶれについて
あせも
あせもの薬について
あせも対策について
あせも治療について
あせもの原因について
赤ちゃんのあせも
新生児のあせも
乳児のあせも
あせも―大人の場合
あせもの写真
とびひ
とびひについて
とびひの治療について
とびひの症状について
とびひの写真
とびひの薬について
とびひ―大人の場合
虫刺され
虫刺されの薬について
虫刺されの症状について
虫刺されの写真
虫刺されによる腫れについて
虫刺されによる水ぶくれについて
赤ちゃんの虫刺されについて
ダニによる虫刺され
虫刺され(ダニ、ノミ)について
ブヨによる虫刺されについて
毛虫による虫刺されについて