赤ちゃんのあせもの症状

赤ちゃんは体温調節がまだうまくできないため大人が気をつけてあげなければいけません。

とくに同じ体勢でしか過ごせない赤ちゃんは密接している部分、背中や首や腕などに汗を掻き易く、あせもができやすいです。

症状としては赤いブツブツができかゆみを伴います。そのため泣き止まなかったり、睡眠不足の原因になったりもします。あせもができたら、できるだけ早く症状を緩和させてあげるように対策をとってあげましょう。

赤ちゃんのあせもケアについて

赤ちゃんのあせもは綿素材などの吸収のよい衣服を着せてこまめに着替えをさせたり、汗をふき取るなど清潔にケアしてあげることであせもの発生を抑える予防することは十分可能です。

赤ちゃんのあせもの治療について

赤ちゃんのあせもには非ステロイドの軟膏を用いた治療をすることが殆どですが、重症化して症状が酷い場合はステロイドを用いて早期に治してあげることが大切です。

不快症状は夜鳴きなどの原因にもなり赤ちゃんにとっても親にとっても疲労の原因になりかねません。

赤ちゃんのあせもの薬

赤ちゃんにできるあせもはとくに珍しい病気ではありませんが重症化したあせもはステロイドなどの薬で早期に治してあげることが重要です。

軽度の場合は、薬を使わずそのまま肌環境を良くしてあげるように努めるか、非ステロイドの軟膏を用いて治して上げます。薬を使用する場合は自己判断では使用せず必ず医師に相談するか薬剤師に相談するかなどして使用するようにしましょう。

おむつかぶれ・あせも・湿疹・皮膚炎に!赤ちゃんにも安心してお使いいただけます!ポリベビー50g【第3類医薬品】

赤ちゃんの顔のあせも

赤ちゃんは全身で汗を掻き、肌じたいも弱いためどこにもであせもはできやすいです。

密接部分以外の額にもあせもができます。赤ちゃんの場合、顔に乳児脂漏性湿疹ができるのでこの時期のあせもは見分けが付き難いかも知れません。

赤ちゃんの首のあせも

赤ちゃんは丸々として全身の肉付きがよく関節などはボンレスハムのようになっています。

皮膚が密着し合っている部分はどうしてもあせもができやすいです。こまめに汗をふき取ってあげるなどしてなるべくあせもができないようにしてあげましょう。

赤ちゃんのあせもの写真

赤ちゃんにできた湿疹があせもなのか、別の湿疹なのか見分けが使かない場合は症例写真などを参考にされてはどうでしょうか?あせもができる部位はだいたい赤ちゃんの場合、背中、首、腕、額です。

赤ちゃんは痒くてもかくことができないため泣くことで不快症状を訴えてきます。写真などの画像を参考に湿疹を見極め適切な対応をとってあげると良いでしょう。湿疹が重症化してる場合はすぐに受診して治療をうけましょう。

赤ちゃんのあせもの写真
このページのトップへ
痒み(かゆみ)
かゆみ 〜かぶれ、あせも、とびひ〜
皮膚のかゆみ(痒み)について
皮膚のかゆみ(痒み)の原因
皮膚のかゆみ(痒み)と湿疹
痒み止めについて
かゆみ止めの飲み薬について
虫刺されと痒み止めについて
ダニによる痒み
アトピーのかゆみ止め(痒み止め)について
セマフォリンについて
頭皮のかゆみ(痒み)について
肛門のかゆみ(痒み)
肛門のかゆみ(痒み)の薬
陰部のかゆみ(痒み)
性病のかゆみ
カンジダについて
膣炎について
トリコモナスについて
楔前部(けつぜんぶ)と痒みの関係
接触皮膚炎について
原発性胆汁性肝硬変と皮膚のかゆみについて
コンジロームと痒みについて
肝硬変と皮膚の痒みについて
眼瞼結膜と痒みについて
皮膚掻痒症について
白癬症について
慢性腎不全と皮膚のかゆみについて
ヘルペスについて
骨盤腹膜炎について
閉塞性黄疸について
閉塞性動脈硬化症について
過換気症候群について
貨幣状皮膚炎について
薬物性肝障害について
脂漏性皮膚炎について
かぶれ
皮膚のかぶれについて
かぶれの治療について
かぶれの薬について
化粧かぶれについて
マンゴーによる、かぶれについて
オムツかぶれについて
毛虫による、かぶれについて
うるしによる、かぶれについて
ナプキンによるかぶれについて
あせも
あせもの薬について
あせも対策について
あせも治療について
あせもの原因について
赤ちゃんのあせも
新生児のあせも
乳児のあせも
あせも―大人の場合
あせもの写真
とびひ
とびひについて
とびひの治療について
とびひの症状について
とびひの写真
とびひの薬について
とびひ―大人の場合
虫刺され
虫刺されの薬について
虫刺されの症状について
虫刺されの写真
虫刺されによる腫れについて
虫刺されによる水ぶくれについて
赤ちゃんの虫刺されについて
ダニによる虫刺され
虫刺され(ダニ、ノミ)について
ブヨによる虫刺されについて
毛虫による虫刺されについて