あせもの原因色々

あせもは単純に汗を掻いたままの状態にしておくことが原因で発症してしまう皮膚の炎症です。

あせもは大人も子供も関係なくできるできもので酷い場合は強いかゆみを伴い炎症を起こしてしまいます。

通気のよい衣服を着ていればあまりできませんが、化学繊維など汗を吸収しにくく、通気の悪いものの場合は汗で衣服が肌に密着し、汗せんがふさがれることであせもができてしまいます。

あせもは大人よりもよく汗をかく子供に出来やすいので、身につける下着や衣服など綿などの吸収のよいものにしてあげると良いでしょう。

まだ寝返りをうつことができない赤ちゃんも同じ体勢のままで寝ているため密着してる背中などに非常に汗をよくかきます。こまめに拭いてあげたり衣服を取り替えてあげて清潔に保ってあげましょう。そうすることであせもを予防することは十分可能です。

あせもの原因と治療法

昔はあせもにはよくベビーパウダーが使用されたものです。

あせもの予防や治療にも使われていましたが、一時はこの粉が汗せんを防いで余計にあせもを作ってしまうと言われ影を潜めていました。

しかしペビーパウダーは肌をサラサラに保ってくれる効果があるため、支持する人も少なくありません。またペピーパウダーも改良され今ではあせもを作るトラブルは回避されているようです。

皮膚科などの病院であせもを治療する際はかゆみを抑える抗ヒスタミン剤がはいったかゆみ止めの塗り薬や、炎症が酷い場合はステロイドを用いた治療が行なわれます。

資生堂のエンクロン 軟膏EXは、患部で効果を発揮した後、体内で低活性になるアンテドラッグに抗ヒスタミン剤を主薬量で配合したステロイド系治療薬です。

かゆい湿疹、皮膚炎に効く、ステロイド系治療薬資生堂 エンクロン 軟膏EX12g【第2類医薬品】

子供の場合は掻くことでトビヒになることもあるので気をつけてみてあげましょう。

薬による治療が嫌な人は、軽いあせもの場合なら薬を使用しなくても、体を綺麗に洗い、通気・吸収性のよい衣服を着用していくことで改善されていきます。

このページのトップへ
痒み(かゆみ)
かゆみ 〜かぶれ、あせも、とびひ〜
皮膚のかゆみ(痒み)について
皮膚のかゆみ(痒み)の原因
皮膚のかゆみ(痒み)と湿疹
痒み止めについて
かゆみ止めの飲み薬について
虫刺されと痒み止めについて
ダニによる痒み
アトピーのかゆみ止め(痒み止め)について
セマフォリンについて
頭皮のかゆみ(痒み)について
肛門のかゆみ(痒み)
肛門のかゆみ(痒み)の薬
陰部のかゆみ(痒み)
性病のかゆみ
カンジダについて
膣炎について
トリコモナスについて
楔前部(けつぜんぶ)と痒みの関係
接触皮膚炎について
原発性胆汁性肝硬変と皮膚のかゆみについて
コンジロームと痒みについて
肝硬変と皮膚の痒みについて
眼瞼結膜と痒みについて
皮膚掻痒症について
白癬症について
慢性腎不全と皮膚のかゆみについて
ヘルペスについて
骨盤腹膜炎について
閉塞性黄疸について
閉塞性動脈硬化症について
過換気症候群について
貨幣状皮膚炎について
薬物性肝障害について
脂漏性皮膚炎について
かぶれ
皮膚のかぶれについて
かぶれの治療について
かぶれの薬について
化粧かぶれについて
マンゴーによる、かぶれについて
オムツかぶれについて
毛虫による、かぶれについて
うるしによる、かぶれについて
ナプキンによるかぶれについて
あせも
あせもの薬について
あせも対策について
あせも治療について
あせもの原因について
赤ちゃんのあせも
新生児のあせも
乳児のあせも
あせも―大人の場合
あせもの写真
とびひ
とびひについて
とびひの治療について
とびひの症状について
とびひの写真
とびひの薬について
とびひ―大人の場合
虫刺され
虫刺されの薬について
虫刺されの症状について
虫刺されの写真
虫刺されによる腫れについて
虫刺されによる水ぶくれについて
赤ちゃんの虫刺されについて
ダニによる虫刺され
虫刺され(ダニ、ノミ)について
ブヨによる虫刺されについて
毛虫による虫刺されについて