あせもの治療法

あせもは汗が原因でおこる皮膚炎症疾患です。初期のうちはニキビのような小さな吹き出物が沢山でき赤みを帯びてかゆみがありますが、炎症が酷くなるとヒリヒリと痛みを伴うようになります。

こうなる前にあせもを治すことが大切です。あせもの治療は皮膚科で受けることもできますし、市販のあせも治療薬によって治すこともできます。

あせも治療と薬

あせもの治療には炎症を抑えるためにステロイド薬を短期に用いて治療していきます。かゆみが強い場合は抗ヒスタミン剤などのかゆみを抑える薬も併用していきます。

リビメックスコーワは、大衆薬として初めて導入されたアンテドラッグと呼ばれるステロイド外用剤です。リビメックスコーワクリーム 10g【第(2)類医薬品】

あせもは悪化すると痛みが増し、背中にできている場合、睡眠時など非常にやっかいです。

薬の使用で短期間で治して、完治したあとは再発しないように通気性のいい衣服や汗をしっかり吸収してくれる素材の服を着用するようにしましょう。

あせも治療―大人の場合

あせもはアレルギーや刺激性の湿疹とは違い、どちらかと言えばニキビのような吹き出物です。汗をそのまま放置することでできてしまうものです。

とくに化学繊維でできた服は汗を吸収しにくく、汗を掻いた肌に密着してしまい汗の逃げ場をなくしてしまいます。これがあせもの原因になるのです。

あせもは汗を掻いたらタオルで拭く、吸収のよい衣服を身につける、通気をよくするなど対策ととることである程度は予防できる皮膚疾患です。とくに汗っかきの人はあせもに気をつけなければいけません。

あせもは子供より大人にできやすく、一度できると治り難いようです。特に外で働く大人の男性はあせもで悩むことが多いでしょう。

汗せんスプレーやローションなど使用して汗をなるべく抑えると同時に吸収・通気をよくする衣服を選んできるようにしましょう。

このページのトップへ
痒み(かゆみ)
かゆみ 〜かぶれ、あせも、とびひ〜
皮膚のかゆみ(痒み)について
皮膚のかゆみ(痒み)の原因
皮膚のかゆみ(痒み)と湿疹
痒み止めについて
かゆみ止めの飲み薬について
虫刺されと痒み止めについて
ダニによる痒み
アトピーのかゆみ止め(痒み止め)について
セマフォリンについて
頭皮のかゆみ(痒み)について
肛門のかゆみ(痒み)
肛門のかゆみ(痒み)の薬
陰部のかゆみ(痒み)
性病のかゆみ
カンジダについて
膣炎について
トリコモナスについて
楔前部(けつぜんぶ)と痒みの関係
接触皮膚炎について
原発性胆汁性肝硬変と皮膚のかゆみについて
コンジロームと痒みについて
肝硬変と皮膚の痒みについて
眼瞼結膜と痒みについて
皮膚掻痒症について
白癬症について
慢性腎不全と皮膚のかゆみについて
ヘルペスについて
骨盤腹膜炎について
閉塞性黄疸について
閉塞性動脈硬化症について
過換気症候群について
貨幣状皮膚炎について
薬物性肝障害について
脂漏性皮膚炎について
かぶれ
皮膚のかぶれについて
かぶれの治療について
かぶれの薬について
化粧かぶれについて
マンゴーによる、かぶれについて
オムツかぶれについて
毛虫による、かぶれについて
うるしによる、かぶれについて
ナプキンによるかぶれについて
あせも
あせもの薬について
あせも対策について
あせも治療について
あせもの原因について
赤ちゃんのあせも
新生児のあせも
乳児のあせも
あせも―大人の場合
あせもの写真
とびひ
とびひについて
とびひの治療について
とびひの症状について
とびひの写真
とびひの薬について
とびひ―大人の場合
虫刺され
虫刺されの薬について
虫刺されの症状について
虫刺されの写真
虫刺されによる腫れについて
虫刺されによる水ぶくれについて
赤ちゃんの虫刺されについて
ダニによる虫刺され
虫刺され(ダニ、ノミ)について
ブヨによる虫刺されについて
毛虫による虫刺されについて