あせも対策とは

あせもは汗の吹き出し口が衣服やかいた汗でふさがれることで、できる赤みをおびたブツブツ状の皮膚疾患です。

そのままにしておくと、かゆみが増して、掻くことで余計に酷くなります。あせもは出来る前にできないような対策を取るようにすることは十分可能です。

あせも対策―大人の場合

大人のあせも対策としては汗がでたらそのままにしないで拭くことが大切です。夏場のサラリーマンのスーツや職人さんの作業着などは暑く汗をかきやすいです。

少しでも通気性を良くし下着は吸収性のよいものを着用しましょう。こういったことに気を付けるだけでも十分あせも予防対策につながるのです。その他ローションや汗抑スプレーなどを使うのも良いのではないでしょうか。

アセモア パウダースプレーは、吸湿性に優れたパウダーが湿り感を取り除き肌をサラサラにし、有効成分がかゆみをすばやく抑え、あせもの炎症を鎮めます。

有効成分がかゆみをすばやく抑え、あせもの炎症を鎮めます!アセモア パウダースプレー 80g【第2類医薬品】

子供のあせも対策

子供は代謝が良く活発なため発汗によりあせもが出来ることはたびたびです。

子供のあせも対策としては、大人より一枚少なめの衣服にし、通気性・吸収性のよいものを着させてあげるようにしましょう。

乳児のあせも対策

乳児はまだ自分で寝返りを打つこともできず一度寝かせたらずっと同じ格好で寝ているため背中にあせもができやすいです。また首の下、わきの下など皮膚が密着している部分にもあせもができます。

乳児、新生児はまだ体温調整も未熟なため親がしっかり管理してあげなければいけません。あせも予防の対策としては吸収性の良い綿素材の服を着せてこまめに拭くなどして清潔にしてあげることです。またエアコンなど使って快適な環境を作ってあげるようにしましょう。

幼児のあせも対策

幼児は活発で常に動いていると思えるぐらい元気に活動します。そのためよく汗をかくのであせもができても珍しいものではありません。

あせも対策として日中はこまめに着替えをさせて夏にはシャワーを浴びるなどさせてあげましょう。

このページのトップへ
痒み(かゆみ)
かゆみ 〜かぶれ、あせも、とびひ〜
皮膚のかゆみ(痒み)について
皮膚のかゆみ(痒み)の原因
皮膚のかゆみ(痒み)と湿疹
痒み止めについて
かゆみ止めの飲み薬について
虫刺されと痒み止めについて
ダニによる痒み
アトピーのかゆみ止め(痒み止め)について
セマフォリンについて
頭皮のかゆみ(痒み)について
肛門のかゆみ(痒み)
肛門のかゆみ(痒み)の薬
陰部のかゆみ(痒み)
性病のかゆみ
カンジダについて
膣炎について
トリコモナスについて
楔前部(けつぜんぶ)と痒みの関係
接触皮膚炎について
原発性胆汁性肝硬変と皮膚のかゆみについて
コンジロームと痒みについて
肝硬変と皮膚の痒みについて
眼瞼結膜と痒みについて
皮膚掻痒症について
白癬症について
慢性腎不全と皮膚のかゆみについて
ヘルペスについて
骨盤腹膜炎について
閉塞性黄疸について
閉塞性動脈硬化症について
過換気症候群について
貨幣状皮膚炎について
薬物性肝障害について
脂漏性皮膚炎について
かぶれ
皮膚のかぶれについて
かぶれの治療について
かぶれの薬について
化粧かぶれについて
マンゴーによる、かぶれについて
オムツかぶれについて
毛虫による、かぶれについて
うるしによる、かぶれについて
ナプキンによるかぶれについて
あせも
あせもの薬について
あせも対策について
あせも治療について
あせもの原因について
赤ちゃんのあせも
新生児のあせも
乳児のあせも
あせも―大人の場合
あせもの写真
とびひ
とびひについて
とびひの治療について
とびひの症状について
とびひの写真
とびひの薬について
とびひ―大人の場合
虫刺され
虫刺されの薬について
虫刺されの症状について
虫刺されの写真
虫刺されによる腫れについて
虫刺されによる水ぶくれについて
赤ちゃんの虫刺されについて
ダニによる虫刺され
虫刺され(ダニ、ノミ)について
ブヨによる虫刺されについて
毛虫による虫刺されについて