あせも対策の薬とは

あせもに対する薬は症状によって使い分けることが望ましいです。例えば軽い痒みに対しては非ステロイドの薬でも十分に効果があります。むやみに効くからとステロイドが配合された薬を使用するのは決して良いとは言えません。

あせもの薬―市販の薬について

あせもを治す薬は市販でも売られているので薬局で手軽に買うことができます。

ステロイド配合のものならオイラックス、

第一三共ヘルスケア オイラックスA 30g【第(2)類医薬品】

非ステロイドのものならロバックS軟膏などが手頃ではないでしょうか。

☆送料無料☆非ステロイド製剤ロバックS軟膏 12g【第2類医薬品】

激しいかゆみにはエマゼン軟膏というのもおすすめです。

エマゼン軟膏10g【第2類医薬品】

いずれにせよ薬を買う際は薬剤師にしっかり相談するようにしましょう。

あせもの薬のおすすめ

あせもの治療薬でおすすめなのは非ステロイドでウフェナマートやブフェキサマクといった抗炎症剤が配合された薬ではないでしょうか。

☆送料無料☆非ステロイド・ウェフェマナート配合しっしん・あせも・皮膚炎にエスエス製薬のスキンセーフAPクリーム【第2類医薬品】

ブフェキサマク製剤 ロマーナクリーム 【第2類医薬品】 20g

これなら顔のかぶれにも使用できます。しかしこれはかぶれの程度が軽い場合です。薬を塗っても治らない場合の長期使用はおすすめできません。そうなるとステロイドを使用して短期間に治療を行なうほうが賢明でしょう。

子供のあせもと薬について

子供や幼児は活発でよく動き回るため代謝もよく非常に汗をよく掻きます。そして汗を掻いたまま遊び続けるためあせもができることは珍しくありません。

子供のあせもにはなるべく刺激の少ない薬を使用してあげるようにしましょう。炎症が酷い場合はステロイドも必要です。こまめに着替えをさせて汗をふき取り清潔しあげるよう親が気をつけてあげることも大切ではないでしょうか。

赤ちゃんや子どもも使える低刺激タイプ。ユースキン あせもクリーム 32g 【第3類医薬品】

あせもの薬―大人の場合

あせもは子供だけの病気ではなく大人にもたびたび発症する疾患です。大人の場合も原因は汗をかいたまま放置することで汗のでぐちがふさがれて炎症をおこすためです。

汗をかいたらすぐにふき取ったり、通気をよくしたり、衣服を吸収の良いものに変えるなどすることであせもを予防することは十分できますができてしまったあせもは薬を用いて早めに治しましょう。

妊婦のあせもと薬について

妊娠中は体温が上がるため、とても汗をかきやすいといえます。妊婦にとって夏は大敵と言っても過言ではありません。しかも妊婦の体はとても敏感になっているため汗によるあせもができやすいようです。

妊娠中は使用する薬一つ一つに気をつけなければいけません。あせもを治したいときは医師に相談し安全な薬を処方してもらって使用するようにしましょう。

あせもの薬−ステロイド

あせもを治すにはステロイドが配合された軟膏が非常に有効です。程度のかるいあせもならば非ステロイドでも十分に効果は期待できますが、ステロイド薬を用いて短期間で治すほうが時として良い場合があります。

症状がダラダラと長引けば不快症状も長引き色素沈着もおこしかねません。上手にステロイドを使って早めに治すことを心がけてください。ステロイドは使用法を守れば大変効果の高い治療薬なのですから。

かゆい湿疹、皮膚炎に効く、ステロイド系治療薬 資生堂 エンクロン軟膏EX12g【第2類医薬品】

このページのトップへ
痒み(かゆみ)
かゆみ 〜かぶれ、あせも、とびひ〜
皮膚のかゆみ(痒み)について
皮膚のかゆみ(痒み)の原因
皮膚のかゆみ(痒み)と湿疹
痒み止めについて
かゆみ止めの飲み薬について
虫刺されと痒み止めについて
ダニによる痒み
アトピーのかゆみ止め(痒み止め)について
セマフォリンについて
頭皮のかゆみ(痒み)について
肛門のかゆみ(痒み)
肛門のかゆみ(痒み)の薬
陰部のかゆみ(痒み)
性病のかゆみ
カンジダについて
膣炎について
トリコモナスについて
楔前部(けつぜんぶ)と痒みの関係
接触皮膚炎について
原発性胆汁性肝硬変と皮膚のかゆみについて
コンジロームと痒みについて
肝硬変と皮膚の痒みについて
眼瞼結膜と痒みについて
皮膚掻痒症について
白癬症について
慢性腎不全と皮膚のかゆみについて
ヘルペスについて
骨盤腹膜炎について
閉塞性黄疸について
閉塞性動脈硬化症について
過換気症候群について
貨幣状皮膚炎について
薬物性肝障害について
脂漏性皮膚炎について
かぶれ
皮膚のかぶれについて
かぶれの治療について
かぶれの薬について
化粧かぶれについて
マンゴーによる、かぶれについて
オムツかぶれについて
毛虫による、かぶれについて
うるしによる、かぶれについて
ナプキンによるかぶれについて
あせも
あせもの薬について
あせも対策について
あせも治療について
あせもの原因について
赤ちゃんのあせも
新生児のあせも
乳児のあせも
あせも―大人の場合
あせもの写真
とびひ
とびひについて
とびひの治療について
とびひの症状について
とびひの写真
とびひの薬について
とびひ―大人の場合
虫刺され
虫刺されの薬について
虫刺されの症状について
虫刺されの写真
虫刺されによる腫れについて
虫刺されによる水ぶくれについて
赤ちゃんの虫刺されについて
ダニによる虫刺され
虫刺され(ダニ、ノミ)について
ブヨによる虫刺されについて
毛虫による虫刺されについて