マンゴーで、かぶれが起きる?

マンゴーでかぶれるの?と驚かれる方もいるかもしれませんが、マンゴーはかぶれ易いといわれ果物の1つです。

マンゴーはあのかぶれ易い木でも有名なウルシの仲間であるため、かぶれを引き起こす成分のカルドールが果皮と果肉に少し含まれているそうです。これによるかぶれを発症させることがあるようですが全ての人にそういった症状が起こるわけではありません。

マンゴーによるかぶれの症状

マンゴーでかぶれをおこした場合、どういった症状になるのかといえば、やはり食べることによってアレルギー症状を起こすことが多いため、口の周りに症状が現れやすいようです。

始めはちょっとしたヒリヒリ感から、次第に赤く腫れはじめ、小さな水ぶくれのようなできものが発症し、痛みを伴うようです。食べたときにちょっとでも違和感を感じたらすぐに食べることをやめて異常が出ないか様子を見るようにしましょう。

マンゴーによるかぶれの治療

マンゴーによるかぶれはアレルギー反応によるものです。

このかぶれを鎮める治療にはステロイド剤の塗り薬が用いられることが多いようです。症状は数日続きますがステロイドの使用で短期の治療が可能です。

蕁麻疹とちがい、数時間で治まるものではないようなので、できれば食べる前に少し皮膚に当ててみるなどの反応をうかがってみてはいかがでしょう。皮膚が赤く反応するようであればアレルギー体質の危険があります。しかし反応がでなかったから食べても大丈夫というものでもないので安全ではありませんが・・・。

マンゴーによるかぶれの薬

マンゴーによるかぶれにはステロイド薬が有効です。ステロイドの使用をためらう方も中にはいますが、短期の治療には非常にステロイドは有効な治療法といえます。

又、医師の指示のもとでの使用なので危険は殆ど無いと言ってよいでしょう。まずは症状を緩和させることが第一を考え、有効な薬での治療を進めていきましょう。

フルコートFに配合されているフルオシノロンアセトニドはストロングタイプの外用ステロイドで、かぶれ、つらい湿疹、皮膚炎にも有効です。ただ、顔などへの使用前には医師又は薬剤師に相談しましょう。

湿疹・かぶれ・皮膚炎に/フルコートF【第(2)類医薬品】

このページのトップへ
痒み(かゆみ)
かゆみ 〜かぶれ、あせも、とびひ〜
皮膚のかゆみ(痒み)について
皮膚のかゆみ(痒み)の原因
皮膚のかゆみ(痒み)と湿疹
痒み止めについて
かゆみ止めの飲み薬について
虫刺されと痒み止めについて
ダニによる痒み
アトピーのかゆみ止め(痒み止め)について
セマフォリンについて
頭皮のかゆみ(痒み)について
肛門のかゆみ(痒み)
肛門のかゆみ(痒み)の薬
陰部のかゆみ(痒み)
性病のかゆみ
カンジダについて
膣炎について
トリコモナスについて
楔前部(けつぜんぶ)と痒みの関係
接触皮膚炎について
原発性胆汁性肝硬変と皮膚のかゆみについて
コンジロームと痒みについて
肝硬変と皮膚の痒みについて
眼瞼結膜と痒みについて
皮膚掻痒症について
白癬症について
慢性腎不全と皮膚のかゆみについて
ヘルペスについて
骨盤腹膜炎について
閉塞性黄疸について
閉塞性動脈硬化症について
過換気症候群について
貨幣状皮膚炎について
薬物性肝障害について
脂漏性皮膚炎について
かぶれ
皮膚のかぶれについて
かぶれの治療について
かぶれの薬について
化粧かぶれについて
マンゴーによる、かぶれについて
オムツかぶれについて
毛虫による、かぶれについて
うるしによる、かぶれについて
ナプキンによるかぶれについて
あせも
あせもの薬について
あせも対策について
あせも治療について
あせもの原因について
赤ちゃんのあせも
新生児のあせも
乳児のあせも
あせも―大人の場合
あせもの写真
とびひ
とびひについて
とびひの治療について
とびひの症状について
とびひの写真
とびひの薬について
とびひ―大人の場合
虫刺され
虫刺されの薬について
虫刺されの症状について
虫刺されの写真
虫刺されによる腫れについて
虫刺されによる水ぶくれについて
赤ちゃんの虫刺されについて
ダニによる虫刺され
虫刺され(ダニ、ノミ)について
ブヨによる虫刺されについて
毛虫による虫刺されについて