化粧かぶれとは

女性なら一度は化粧かぶれを経験したことがあるかもしれませんが、化粧かぶれは使用している化粧品の成分があなたの肌質に合わない場合や、長時間の化粧により皮膚が呼吸しにくく肌に負担をかけてしまうことで起こりやすいです。特に体が疲労状態にある場合はその影響をもろに受け易いといえます。

化粧かぶれの症状

化粧かぶれは、化粧をすることでおきる、ニキビのような発疹・湿疹、あかみや痛みなどの症状を指します。

女性にとって化粧はある意味マナーの一つでもあるため、殆ど毎日しなければならないものだけに肌にあったものを使う必要があります。かぶれを起こしやすいといわれる成分にはタール色素や防腐剤、ヒマシ油、グリコールなどがあるそうです。

化粧かぶれの治療

化粧かぶれはご自身の肌質に合わない化粧成分により反応を起こし湿疹がでたり、赤みがでたり、ヒリヒリ感などが出たりする症状ですが、これらの症状を感じたらすぐに化粧品の使用を中断し、すぐに皮膚科で治療を受けましょう。

そのままにしておくと色素沈着をおこしかねません。そういったトラブルを防ぐためにもすぐに適切な治療を受け、しっかりとした対策で治していきましょう。

化粧かぶれの対処法

化粧かぶれを起こしてしまった場合の対処法としてはまず使用している化粧品を変えることは当然です。自然派化粧品など低刺激性のものを使用するようにしましょう。できればかぶれが引くまでは化粧も控えることが望ましいです。

化粧かぶれの薬

化粧かぶれは化粧の使用をやめることで悪化を防ぐことはできますが、一度かぶれてしまったらすぐには治りません。かぶれてしまった場合は薬を使用し短期間で治してしまいましょう。

また化粧かぶれは洗顔のしすぎが原因で肌バリアを破壊し化粧かぶれを起してしまうこともあるようです。何事もやりすぎは禁物です。ほどほどにしておきましょう。

皮膚科で化粧かぶれ治療を行う医院

化粧かぶれの治療は皮膚科で受けることができます。皮膚科ならば専門医により適切な処置を受けることができ、症状にあわせた薬を処方してもらえます。

また先生にかぶれを起しやすい成分や、何に対してかぶれをおこしたのか原因を調べてもらうことも可能でしょう。普段使っている化粧品を持参して皮膚科へ行ってみましょう。

化粧かぶれとステロイドでの治療

化粧かぶれは長い間そのままにしておくと色素沈着をおこし顔にシミができてしまいます。これは女性にとっては悲しいことですよね。

そうなる前にステロイドを用いて短期間のうちに治していきます。治療中は紫外線の影響を受けないようにすることも大切です。

ムヒソフトGXは、尿素・ステロイド成分は配合しておらず、しみることもないので顔にもつかえ、生後一ヶ月の子供から使えるようです。

かゆみ肌の治療薬ムヒソフトGX(150g)【第3類医薬品】

化粧かぶれ―まぶたの場合

顔の中でも一番と言っていいほど化粧が濃くなる部位はまぶたです。

最近はアイシャドーをいくつか使用してグラデーションをつけたり、アイメイク専用の化粧品がいくつもあります。また、二重を作るためのアイプチなどの粘着液により化粧かぶれを起こす人が多くいます。

まぶたは皮膚が薄くデリケートな部分であるため化粧する際は十分に気を配る必要があります。化粧かぶれが色素沈着に原因にもなりかねませんので化粧かぶれを起こさないメイク法をしていきましょう。

化粧かぶれの写真

化粧かぶれの比較写真や画像を載せてかぶれを起こしやすい成分を比較しているサイトを見たことがあります。口紅によるかぶれや化粧水によるかぶれがあるようですが、化粧水は顔全体に塗るもののため、アレルギー症状もやはり顔全体に広がります。

こうなるとアトピーやニキビを間違えてしまうほどで、化粧かぶれを起こしているとは気付かない人もなかにはいるようです。

化粧かぶれの写真
このページのトップへ
痒み(かゆみ)
かゆみ 〜かぶれ、あせも、とびひ〜
皮膚のかゆみ(痒み)について
皮膚のかゆみ(痒み)の原因
皮膚のかゆみ(痒み)と湿疹
痒み止めについて
かゆみ止めの飲み薬について
虫刺されと痒み止めについて
ダニによる痒み
アトピーのかゆみ止め(痒み止め)について
セマフォリンについて
頭皮のかゆみ(痒み)について
肛門のかゆみ(痒み)
肛門のかゆみ(痒み)の薬
陰部のかゆみ(痒み)
性病のかゆみ
カンジダについて
膣炎について
トリコモナスについて
楔前部(けつぜんぶ)と痒みの関係
接触皮膚炎について
原発性胆汁性肝硬変と皮膚のかゆみについて
コンジロームと痒みについて
肝硬変と皮膚の痒みについて
眼瞼結膜と痒みについて
皮膚掻痒症について
白癬症について
慢性腎不全と皮膚のかゆみについて
ヘルペスについて
骨盤腹膜炎について
閉塞性黄疸について
閉塞性動脈硬化症について
過換気症候群について
貨幣状皮膚炎について
薬物性肝障害について
脂漏性皮膚炎について
かぶれ
皮膚のかぶれについて
かぶれの治療について
かぶれの薬について
化粧かぶれについて
マンゴーによる、かぶれについて
オムツかぶれについて
毛虫による、かぶれについて
うるしによる、かぶれについて
ナプキンによるかぶれについて
あせも
あせもの薬について
あせも対策について
あせも治療について
あせもの原因について
赤ちゃんのあせも
新生児のあせも
乳児のあせも
あせも―大人の場合
あせもの写真
とびひ
とびひについて
とびひの治療について
とびひの症状について
とびひの写真
とびひの薬について
とびひ―大人の場合
虫刺され
虫刺されの薬について
虫刺されの症状について
虫刺されの写真
虫刺されによる腫れについて
虫刺されによる水ぶくれについて
赤ちゃんの虫刺されについて
ダニによる虫刺され
虫刺され(ダニ、ノミ)について
ブヨによる虫刺されについて
毛虫による虫刺されについて