かぶれの一般的な薬

皮膚の炎症疾患であるかぶれは身体のあちこちに発症するポピュラーな病気で誰もが一度は経験したことがあるのではないでしょうか。かぶれは皮膚が赤く腫れ、湿疹ができ、痒みを伴う症状を指します。

かぶれには炎症を早期に治すステロイドや痒みを抑える抗ヒスタミンという薬を使用することで短期間で症状を鎮めることができます。

リビメックスコーワは、塗布した患部で皮ふの炎症によく効き、体内で低活性物質に変わる、アンテドラッグと呼ばれるタイプのステロイド剤の軟膏です。

湿疹、皮膚炎、かぶれにリビメックスコーワ軟膏10g【第2類医薬品】

顔のかぶれの薬

顔のかぶれはアレルギー源であるもを触った手で顔などをかくとかぶれは顔にも広がります。

目の周りなど皮膚が薄く繊細は場所はそういった症状が顕著に出やすいです。ネコアレルギーなんかは典型的です。

アレルギーのほかにも女性の場合は化粧かぶれを起す人もいます。自分の肌質にあった化粧品を選んで使用することでかぶれは回避できます。

まぶたのかぶれの薬

最近の化粧はアイメイクに力をいれたメイク法が多いですが、このアイメイクがまぶたのかぶれを起す原因になることがあります。

例えば一時問題にもなったまつげパーマの液の刺激によるかぶれやエクステ、アイプチ、アイシャドウなどの上塗りによるかぶれなどがあげられます。

まぶたの皮膚は非常に繊細なのできっちりケアをしてかぶれを予防しましょう。また肌に合わないものを無理して使用することは絶対に避けましょう。

頭皮のかぶれの薬

シャンプーやリンス、整髪料などは刺激の強い物質が入ってるものも多く、これらの使用により頭皮がかぶれることがあります。

かぶれ易い人は低刺激性のものに切り替え、しっかりと洗剤や整髪料を洗い流すようにしましょう。染料やパーマ液は時に刺激が強いため使用の際は十分注意が必要です。

資生堂のドゥーエは敏感肌・疾患肌のためのスキンケアシリーズで、低刺激性のシャンプーも出ています。

敏感肌・疾患肌のための低刺激性2eドゥーエ シャンプー350ml(約1ヶ月分)

湿疹のかぶれの薬

身体にかぶれや湿疹があらわれたら早めに薬を用いて治す必要があります。放っておいても治るものもありますが、症状が長引いてしまい辛い状態が続きます。

薬を用いて治せばかゆみを抑えることができ湿疹も1,2週間で消失します。薬を使うことを嫌がる人もいますが上手に薬を利用していきましょう。

湿布によるかぶれの薬

肩こり・腰痛、打撲、捻挫、筋肉痛などで非常に有効な湿布薬でかぶれをおこす人も居ます。湿布の刺激に負けてかぶれたり、長時間湿布を貼ったままにすることでかぶれたりします。

刺激が強い場合はガーゼなどを皮膚と湿布の間に挟んで貼ることで刺激をやわらげることができかぶれも防げます。また湿布は入浴時などこまめに交換するようにしてかぶれを防ぎましょう。

植物によるかぶれの薬

自然にはスギなどの花粉のように、かぶれを起すアレルギー物質がいくつかあります。

アレルギー植物として有名なのはイチョウや菊、サクラソウなどです。果物であるマンゴーにもアレルギー源があり、マンゴーでかぶれる人はイチョウにもかぶれ易い傾向にあるようです。

このページのトップへ
痒み(かゆみ)
かゆみ 〜かぶれ、あせも、とびひ〜
皮膚のかゆみ(痒み)について
皮膚のかゆみ(痒み)の原因
皮膚のかゆみ(痒み)と湿疹
痒み止めについて
かゆみ止めの飲み薬について
虫刺されと痒み止めについて
ダニによる痒み
アトピーのかゆみ止め(痒み止め)について
セマフォリンについて
頭皮のかゆみ(痒み)について
肛門のかゆみ(痒み)
肛門のかゆみ(痒み)の薬
陰部のかゆみ(痒み)
性病のかゆみ
カンジダについて
膣炎について
トリコモナスについて
楔前部(けつぜんぶ)と痒みの関係
接触皮膚炎について
原発性胆汁性肝硬変と皮膚のかゆみについて
コンジロームと痒みについて
肝硬変と皮膚の痒みについて
眼瞼結膜と痒みについて
皮膚掻痒症について
白癬症について
慢性腎不全と皮膚のかゆみについて
ヘルペスについて
骨盤腹膜炎について
閉塞性黄疸について
閉塞性動脈硬化症について
過換気症候群について
貨幣状皮膚炎について
薬物性肝障害について
脂漏性皮膚炎について
かぶれ
皮膚のかぶれについて
かぶれの治療について
かぶれの薬について
化粧かぶれについて
マンゴーによる、かぶれについて
オムツかぶれについて
毛虫による、かぶれについて
うるしによる、かぶれについて
ナプキンによるかぶれについて
あせも
あせもの薬について
あせも対策について
あせも治療について
あせもの原因について
赤ちゃんのあせも
新生児のあせも
乳児のあせも
あせも―大人の場合
あせもの写真
とびひ
とびひについて
とびひの治療について
とびひの症状について
とびひの写真
とびひの薬について
とびひ―大人の場合
虫刺され
虫刺されの薬について
虫刺されの症状について
虫刺されの写真
虫刺されによる腫れについて
虫刺されによる水ぶくれについて
赤ちゃんの虫刺されについて
ダニによる虫刺され
虫刺され(ダニ、ノミ)について
ブヨによる虫刺されについて
毛虫による虫刺されについて