ダニによる痒みの薬

ダニによる痒みにはオイラックスなどの薬を用いて治療していきます。

アンテドラッグステロイドなので優れた効き目で体にやさしい!オイラックスPZ軟膏 10g【第(2)類医薬品】

これら硫黄剤のはいった塗り薬の他にも薬用の石鹸もあるようです。

ダニと言ってもかまれたダニの種類によっては夜も眠れないほどの強い痒みや痛み、炎症を生じるものもあれば、軽い痒みや赤み程度のものまであります。

中には体内にタマゴを産みつけるダニも居ますので痒みが強い場合は殺菌作用のある薬を使うことをおすすめします。

ダニによる痒みの症状

ダニによる痒みの症状はかまれたことによる痒みとアレルギー症状を起こした場合の痒みがあります。

ダニはハウスダストと言われるアレルギー源の一種で、多くの家庭に居るダニはこれらに該当します。人への吸血は殆どありませんが、これらのダニの死骸やフンがアレルギーを引き起こす原因です。

気管にはいったり肌に触れることで体がアレルギー反応を起こし、発疹や痒みを引き起こします。

ペットなどに寄生するダニは吸血のもので噛まれることで強い痒いや炎症、痛みを伴います。見つけた場合は無理にダニをとることはせずにまず病院へいって駆除・治療を受ける事が必須です。

ダニによる痒みの治療

ダニが原因の痒みが引かない場合は皮膚科で治療受けるようにしましょう。皮膚科ではダニによく聞く薬を処方してもらえるため、治療をうけることで比較的早く改善され痒みを抑えることができます。

早く治したいからといってむやみステロイドの配合された薬を使用することは危険です。例えば噛んだダニが疥癬ダニだった場合などは、ステロイドを使用することで症状を悪化させてしまう危険があるからです。

ステロイドは上手に使えば大変効果の高い優れた薬ですが、使用法を間違えると悪化させてしまう危険な薬でもあります。ステロイド薬の使用はくれぐれも医師の指示のもと行いましょう。そのためにも皮膚科で治療受けることが望ましいと言えます。

ダニによる痒みの症状と写真

ダニは痒みを引き起こすほか、肌表面にも発疹などできものを発症させます。ダニによる症状がどのようなものか写真でみることができます。

これらの写真は皮膚科のHPや個人のブログなどで写真と登載していますので気になるかたはご覧になってはいかがでしょうか?また症状のほかにも原因となるダニそのものも写真でどんなものか知ることができます。ちょっと気持ち悪いものですが、一度みておくと今後の参考になると思います。

ダニには肉眼では見えない小さなものから、一瞬カメムシ?と思うぐらい大きなものがあります。これってダニなんだぁ!と改めて知ることもできますので一度ご覧になってください。

ダニの写真
このページのトップへ
痒み(かゆみ)
かゆみ 〜かぶれ、あせも、とびひ〜
皮膚のかゆみ(痒み)について
皮膚のかゆみ(痒み)の原因
皮膚のかゆみ(痒み)と湿疹
痒み止めについて
かゆみ止めの飲み薬について
虫刺されと痒み止めについて
ダニによる痒み
アトピーのかゆみ止め(痒み止め)について
セマフォリンについて
頭皮のかゆみ(痒み)について
肛門のかゆみ(痒み)
肛門のかゆみ(痒み)の薬
陰部のかゆみ(痒み)
性病のかゆみ
カンジダについて
膣炎について
トリコモナスについて
楔前部(けつぜんぶ)と痒みの関係
接触皮膚炎について
原発性胆汁性肝硬変と皮膚のかゆみについて
コンジロームと痒みについて
肝硬変と皮膚の痒みについて
眼瞼結膜と痒みについて
皮膚掻痒症について
白癬症について
慢性腎不全と皮膚のかゆみについて
ヘルペスについて
骨盤腹膜炎について
閉塞性黄疸について
閉塞性動脈硬化症について
過換気症候群について
貨幣状皮膚炎について
薬物性肝障害について
脂漏性皮膚炎について
かぶれ
皮膚のかぶれについて
かぶれの治療について
かぶれの薬について
化粧かぶれについて
マンゴーによる、かぶれについて
オムツかぶれについて
毛虫による、かぶれについて
うるしによる、かぶれについて
ナプキンによるかぶれについて
あせも
あせもの薬について
あせも対策について
あせも治療について
あせもの原因について
赤ちゃんのあせも
新生児のあせも
乳児のあせも
あせも―大人の場合
あせもの写真
とびひ
とびひについて
とびひの治療について
とびひの症状について
とびひの写真
とびひの薬について
とびひ―大人の場合
虫刺され
虫刺されの薬について
虫刺されの症状について
虫刺されの写真
虫刺されによる腫れについて
虫刺されによる水ぶくれについて
赤ちゃんの虫刺されについて
ダニによる虫刺され
虫刺され(ダニ、ノミ)について
ブヨによる虫刺されについて
毛虫による虫刺されについて