かゆみ止めの飲み薬の種類

かゆみ止め成分が配合された外用薬でもあまり効果がない場合は、飲み薬を併用して治療をすることがあります。

かゆみ止めの飲み薬には抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤が含まれており内側からかゆみを止めていきます。飲み薬のかゆみ止めは効果に即効性がなくジワジワと効いてくる感じだそうです。

抗アレルギーにはアレジオンやアレロック、アレグラ、エバステルなどがあります。かゆみ止めの飲み薬にはニポラジン、ダベジール、ボララミンなどが主です。

アレルギー反応が強い場合にはステロイドが含まれた内服を用いることもありますが、抗ヒスタミン剤で反応を起こす人への服用は危険だそうです。アレルギー以外のかゆみ止めの場合はなるべく外用薬で対応しましょう。

リリース錠は抗アレルギー作用のある錠剤タイプの抗ヒスタミン剤です。

持続性抗ヒスタミン薬 リリース錠 20錠【第2類医薬品】

かゆみ止めの飲み薬―市販のもの

日本ではかゆみ止めに特化した飲み薬は市販ではあまり見かけません。かゆみ止めに有効である抗ヒスタミンを抗アレルギー剤と表記しているものもあるほどです。

では全くそれらが入った飲み薬がないのかと言えばNOです。こういった、抗ヒスタミン、抗アレルギー剤はアレルギー薬として市販で売られています。鼻炎、花粉症などのアレルギー薬の中にはこういった成分が含まれているため、かゆみ止めとしての効果もあります。

リリース錠は抗アレルギー作用のある錠剤タイプの抗ヒスタミン剤です。

持続性抗ヒスタミン薬 リリース錠 20錠【第2類医薬品】

日本ではかゆみ止めといえば軟膏などの外用タイプがまだまだ主流で、内服タイプのかゆみ止めは皮膚科で処方してもらうか、個人輸入で外国のかゆみ止め薬を購入することで手にいれることは可能です。

ですが、飲み薬にかゆみ止めは効果に即効性が無いため、個人輸入で苦労してまで手に入れて使用するほどのメリットがあるのかと言われれば疑問です。内服薬は外用とは違い体内に入れるもののためやはり医師の処方のもとで使用するほうが安全でしょう。

このページのトップへ
痒み(かゆみ)
かゆみ 〜かぶれ、あせも、とびひ〜
皮膚のかゆみ(痒み)について
皮膚のかゆみ(痒み)の原因
皮膚のかゆみ(痒み)と湿疹
痒み止めについて
かゆみ止めの飲み薬について
虫刺されと痒み止めについて
ダニによる痒み
アトピーのかゆみ止め(痒み止め)について
セマフォリンについて
頭皮のかゆみ(痒み)について
肛門のかゆみ(痒み)
肛門のかゆみ(痒み)の薬
陰部のかゆみ(痒み)
性病のかゆみ
カンジダについて
膣炎について
トリコモナスについて
楔前部(けつぜんぶ)と痒みの関係
接触皮膚炎について
原発性胆汁性肝硬変と皮膚のかゆみについて
コンジロームと痒みについて
肝硬変と皮膚の痒みについて
眼瞼結膜と痒みについて
皮膚掻痒症について
白癬症について
慢性腎不全と皮膚のかゆみについて
ヘルペスについて
骨盤腹膜炎について
閉塞性黄疸について
閉塞性動脈硬化症について
過換気症候群について
貨幣状皮膚炎について
薬物性肝障害について
脂漏性皮膚炎について
かぶれ
皮膚のかぶれについて
かぶれの治療について
かぶれの薬について
化粧かぶれについて
マンゴーによる、かぶれについて
オムツかぶれについて
毛虫による、かぶれについて
うるしによる、かぶれについて
ナプキンによるかぶれについて
あせも
あせもの薬について
あせも対策について
あせも治療について
あせもの原因について
赤ちゃんのあせも
新生児のあせも
乳児のあせも
あせも―大人の場合
あせもの写真
とびひ
とびひについて
とびひの治療について
とびひの症状について
とびひの写真
とびひの薬について
とびひ―大人の場合
虫刺され
虫刺されの薬について
虫刺されの症状について
虫刺されの写真
虫刺されによる腫れについて
虫刺されによる水ぶくれについて
赤ちゃんの虫刺されについて
ダニによる虫刺され
虫刺され(ダニ、ノミ)について
ブヨによる虫刺されについて
毛虫による虫刺されについて