痒み止めの応急処置

湿疹・虫刺され、かぶれなどは強い痒みを伴うため、ついつい掻いてしまいやっかいなものです。
そんな時役に立つのが痒み止めです。

痒み止めは薬以外の他、家庭でも応急処置はできます。
ケーキなどに入っている保冷剤をつかって患部を冷やしてみてください。
冷やすことで痒みを軽減させることができます。
暫くあてておくことで痒みを炎症も引いていくので、落着いたところで薬などを塗るのも効果的でしょう。

痒み止めの薬

湿疹・発疹の不快な症状である痒みをとめるには、痒み止め成分が含まれる薬を使用することで症状を緩和させることができます。

薬には軟膏(塗る)タイプのものと飲み薬(服用)タイプのものがあります。
軽度の湿疹であれば市販の軟膏でも十分効果はあります。

痒み止めの軟膏

痒み止めでみなさんがよく使用されるのは塗り薬では、軟膏タイプのものではないでしょうか。
軟膏は痒みを引き起こすヒスタミンを抑える成分が配合されており、痒み止めに効果を発揮します。

軟膏にも種類は色々あり、ステロイドが入ったものもあれば入ってないものもあったり、炎症を抑える作用のあるものもあれば無いものもあります。
くれぐれも症状にあった軟膏を使用して痒み止めを行ないましょう。

リビメックスコーワは、塗布した患部で皮ふの炎症によく効き、体内で低活性物質に変わる、アンテドラッグと呼ばれるタイプのステロイド剤の軟膏です。

痒み止め―ステロイド配合のもの

軟膏には非ステロイドのものとステロイド配合のものとがあり、症状によって使い分けなければいけません。

治りが早いからといってむやみにステロイドが入ったものを使用するのはおすすめできません。
またステロイドが嫌だからと頑なに使用を拒んで症状を悪化させるのも良くありません。
ステロイドは上手に使用すれば非常に有効な薬だと言う事を忘れないで下さい。

「ギルメサゾンS 15g」は、安全性・有効性の高いステロイド剤であるデキサメタゾン配合により、湿疹・かぶれなどの炎症を抑える鎮痛・鎮痒薬です。

日焼けと痒み止め

日焼けをすると肌が乾燥状態になるため、痛みや発疹、痒みなどの症状がでてきます。
日焼けをすると皮膚が熱を持つため余計に痒みが増したりもします。
そういう場合は抗ヒスタミン剤の軟膏、内服薬を使用することで痒み止めができます。

小林製薬のフェミニーナ軟膏には、局所麻酔薬と抗ヒスタミン剤の働きで、かゆみや炎症を抑える効果があります。

ほてりや炎症はグリチルレチン酸が効果的です。
また日焼けをした場合はしっかり保湿して乾燥から防ぐことが大切です。
一番いいのは日焼けしないように日頃からケアしていくことだと思います。

フタアミンhiクリームは、尿素を含有していませんので刺激が無く、安全性の高い成分で作られた保湿クリームです。
血行をよくするビタミンEアセテート、炎症を鎮めるグリチルレチン酸、人の皮脂に近いといわれる“ホホバ油”、皮膚に栄養を与える卵黄油の4つの成分を配合した全身スキンケアクリームです。

このページのトップへ
痒み(かゆみ)
かゆみ 〜かぶれ、あせも、とびひ〜
皮膚のかゆみ(痒み)について
皮膚のかゆみ(痒み)の原因
皮膚のかゆみ(痒み)と湿疹
痒み止めについて
かゆみ止めの飲み薬について
虫刺されと痒み止めについて
ダニによる痒み
アトピーのかゆみ止め(痒み止め)について
セマフォリンについて
頭皮のかゆみ(痒み)について
肛門のかゆみ(痒み)
肛門のかゆみ(痒み)の薬
陰部のかゆみ(痒み)
性病のかゆみ
カンジダについて
膣炎について
トリコモナスについて
楔前部(けつぜんぶ)と痒みの関係
接触皮膚炎について
原発性胆汁性肝硬変と皮膚のかゆみについて
コンジロームと痒みについて
肝硬変と皮膚の痒みについて
眼瞼結膜と痒みについて
皮膚掻痒症について
白癬症について
慢性腎不全と皮膚のかゆみについて
ヘルペスについて
骨盤腹膜炎について
閉塞性黄疸について
閉塞性動脈硬化症について
過換気症候群について
貨幣状皮膚炎について
薬物性肝障害について
脂漏性皮膚炎について
かぶれ
皮膚のかぶれについて
かぶれの治療について
かぶれの薬について
化粧かぶれについて
マンゴーによる、かぶれについて
オムツかぶれについて
毛虫による、かぶれについて
うるしによる、かぶれについて
ナプキンによるかぶれについて
あせも
あせもの薬について
あせも対策について
あせも治療について
あせもの原因について
赤ちゃんのあせも
新生児のあせも
乳児のあせも
あせも―大人の場合
あせもの写真
とびひ
とびひについて
とびひの治療について
とびひの症状について
とびひの写真
とびひの薬について
とびひ―大人の場合
虫刺され
虫刺されの薬について
虫刺されの症状について
虫刺されの写真
虫刺されによる腫れについて
虫刺されによる水ぶくれについて
赤ちゃんの虫刺されについて
ダニによる虫刺され
虫刺され(ダニ、ノミ)について
ブヨによる虫刺されについて
毛虫による虫刺されについて