皮膚のかゆみと湿疹の関係

湿疹はポビュラーな皮膚の疾患の1つで、多くの方は一度は患ったことがある症状ではないでしょうか。

湿疹と一言で言っても、アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎、主婦湿疹などさまざまな種類があります。
症状としては、皮膚が赤く隆起したり、水疱が出たり、かさぶたになったりといったものです。

湿疹はかゆみを伴うため、ついつい掻いてしまうことで、余計に症状を悪化させることもあります。

湿疹が現れる原因としては、服などの刺激であったり、主婦の場合は洗剤、水仕事による刺激であったり、自分にとってアレルギーとなる物質、食べ物などの接触であったりします。

注意が必要なのは、アトピーではないアレルギーによる湿疹です。
時にアナフィラキシーショックといって、死に至る場合もあり大変危険です。

通常の蕁麻疹ならば、数時間もすれば自然に湿疹はおさまります。
食べ物で湿疹が出た場合は、自分にとって何がアレルゲンになっているのかを知っておくようにしましょう。

市販の塗り薬にも、湿疹や皮膚炎などの痒みを軽減してくれる薬もあります。
メンソレータム APソフトローションは高い消炎効果とクリームのような保湿力を持つ塗り薬です。

皮膚のかゆみと発疹

発疹は皮膚のかゆみを引き起こす症状で、誰にでも起こりうる病気です。

通常の発疹の場合は、患部に刺激を与えないようにすることで、自然とおさまっていくものですが、中には血液疾患、肝臓疾患などの病気の場合もあります。

通常の発疹の場合は応急処置として、まず皮膚のかゆみを抑えてあげることで引っ掻き防止になり悪化を防ぐことができます。

患部を冷やして体温を下げることで、かゆみは和らぎます。
また、炎症を抑えるかゆみ止めの軟膏などを塗って様子をみるのもよいでしょう。
発疹がおさまらない、症状が緩和されないようであれば、すぐに病院へ行くようにしましょう。

応急処置的な痒み止めの塗り薬を家に置いておくのもよいでしょう。
リビメックスコーワは、塗布した患部で皮ふの炎症によく効き、体内で低活性物質に変わる、アンテドラッグと呼ばれるタイプのステロイド剤です。

このページのトップへ
痒み(かゆみ)
かゆみ 〜かぶれ、あせも、とびひ〜
皮膚のかゆみ(痒み)について
皮膚のかゆみ(痒み)の原因
皮膚のかゆみ(痒み)と湿疹
痒み止めについて
かゆみ止めの飲み薬について
虫刺されと痒み止めについて
ダニによる痒み
アトピーのかゆみ止め(痒み止め)について
セマフォリンについて
頭皮のかゆみ(痒み)について
肛門のかゆみ(痒み)
肛門のかゆみ(痒み)の薬
陰部のかゆみ(痒み)
性病のかゆみ
カンジダについて
膣炎について
トリコモナスについて
楔前部(けつぜんぶ)と痒みの関係
接触皮膚炎について
原発性胆汁性肝硬変と皮膚のかゆみについて
コンジロームと痒みについて
肝硬変と皮膚の痒みについて
眼瞼結膜と痒みについて
皮膚掻痒症について
白癬症について
慢性腎不全と皮膚のかゆみについて
ヘルペスについて
骨盤腹膜炎について
閉塞性黄疸について
閉塞性動脈硬化症について
過換気症候群について
貨幣状皮膚炎について
薬物性肝障害について
脂漏性皮膚炎について
かぶれ
皮膚のかぶれについて
かぶれの治療について
かぶれの薬について
化粧かぶれについて
マンゴーによる、かぶれについて
オムツかぶれについて
毛虫による、かぶれについて
うるしによる、かぶれについて
ナプキンによるかぶれについて
あせも
あせもの薬について
あせも対策について
あせも治療について
あせもの原因について
赤ちゃんのあせも
新生児のあせも
乳児のあせも
あせも―大人の場合
あせもの写真
とびひ
とびひについて
とびひの治療について
とびひの症状について
とびひの写真
とびひの薬について
とびひ―大人の場合
虫刺され
虫刺されの薬について
虫刺されの症状について
虫刺されの写真
虫刺されによる腫れについて
虫刺されによる水ぶくれについて
赤ちゃんの虫刺されについて
ダニによる虫刺され
虫刺され(ダニ、ノミ)について
ブヨによる虫刺されについて
毛虫による虫刺されについて